Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: Access denied for user 'darpan'@'localhost' (using password: NO) in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142

Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: A link to the server could not be established in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142
毎日杯ってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

毎日杯ってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

毎日杯ってどんなレース?

毎日杯の基本情報

主催者 日本中央競馬会

開催地 阪神競馬場

施行時期 3月下旬

(原則2回阪神1日目)

格付け GIII

1着賞金 3700万円

賞金総額 7060万円

距離 芝・外1800m

出走条件 サラブレッド系3歳(国際)(特指)

負担重量 別定(本文に記載)

第1回施行日 1954年6月27日

テンプレートを表示

毎日杯(まいにちはい)は、阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞(GIII)競走。競走名は優勝杯を提供する毎日新聞社から冠名が取られている。

毎日杯 概要

1954年に阪神競馬場の4歳(現3歳)のハンデキャップの芝2000mの重賞競走、毎日杯として創設されたが、翌年から負担重量が別定重量に変更された。

1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付け。1992年には混合競走に指定、外国産馬の出走が可能となり、1995年は阪神競馬場の阪神・淡路大震災の復旧工事により京都競馬場の芝2000mで施行、1996年からは特別指定交流競走に指定され、JRAに認定された地方所属の競走馬も出走可能になった。2007年から阪神競馬場のコース新設に伴い芝外回り1800mに変更された。2010年からは国際競走に指定されている。

グレード制導入後の優勝馬にはフレッシュボイス・オグリキャップ・タイキフォーチュン・テイエムオペラオー・クロフネ・キングカメハメハ・ディープスカイ・ダノンシャンティが、優勝馬以外からもヤエノムテキ・タイキブリザード・シルクジャスティス・ユートピア・ウインクリューガーといったGI競走優勝馬が名を連ねる。

皐月賞のトライアル競走ではないが、トライアル競走に出走ができなかった、または皐月賞の優先出走権を得られなかった競走馬や栗東の有力馬が優先出走権枠外の上位総収得金額枠狙いで出走してくるため、皐月賞の最後の前哨戦から「東上最終便」と呼ばれることもある。後にGI競走7勝をあげたテイエムオペラオーはこのレースをステップに皐月賞を優勝した。また近年ではNHKマイルカップの前哨戦ともなり、第43回優勝馬タイキフォーチュンを初めとする5頭が本競走をステップにNHKマイルカップを優勝している。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)。

負担重量は馬齢重量である56kg、牝馬は54kgを基本とし、更に日本馬については収得賞金が2,000万円以上の競走馬は1kg、外国調教馬については重賞競走優勝馬の競走馬は1kgの負担が課せられる。

毎日杯 歴史

1954年 – 阪神競馬場の4歳(現3歳)のハンデキャップの芝2000mの重賞競走、毎日杯として創設。

1955年 – 負担重量を「ハンデキャップ」から「別定重量」に変更。

1959年

阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝2000mで施行。

伊藤勝吉が調教師として史上初の3連覇。

1960年 – 前年の9月1日から日本競馬の計時方式の変更に伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

1962年

諏訪真が騎手として史上初の3連覇。

諏訪佐市が調教師として2人目の3連覇。

1966年 – 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝2000mで施行。

1969年 – 阪神競馬場のスタンド火災による復旧工事により京都競馬場の芝2000mで施行。

1971年 – 当年のみ、芝1900mで施行。

1972年 – 前年末に発生した馬インフルエンザの影響で4月に順延開催。

1979年 – マリージョーイに騎乗の福永洋一が落馬。脳挫傷等を負い意識不明の重体にまで陥り、騎手生命を絶たれる。

1984年 – グレード制施行によりGIIIに格付け。

1991年 – 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝2000mで施行。

1992年 – 混合競走に指定。

1995年 – 阪神競馬場の阪神・淡路大震災の影響による復旧工事により京都競馬場の芝2000mで施行。

1996年 – 特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。

2001年 – 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳」から「3歳」に変更。

2006年 – 3歳クラシック以前の実績馬の選択肢を増やす目的で、負担重量の上限が57kg(牝馬は55kg)になるよう現行の規定に変更。

2007年

施行距離を現在の芝外回り1800mに変更。

国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告にともない、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。

2009年

混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は9頭まで出走可能となる。それに伴い、重賞格付け表記をGIIIに戻す。

外国調教馬の負担重量を現行の規定に設定。

関西主場においての最終競走の発走時刻を16時40分に設定したことに伴い、当競走の競走番号を第11競走から第10競走に変更。

2010年 – ザタイキがレース中に故障、競走中止。騎乗していた武豊が落馬し、右手首亀裂骨折、頭部、腰部の打撲等の怪我を負う。

2011年

中京競馬場の改修工事により阪神競馬場での振替開催となる高松宮記念と同日施行。当日の阪神競馬の最終競走(第12競走)として実施される。

3月11日に発生した東日本大震災を受け、「被災地支援競走」として施行(当初JRAプレミアムレースとして施行予定だったが、震災による社会的な情勢を踏まえてプレミアムとしての払戻金還元(上乗せ)は取りやめる代わり、売上げの5%相当額を、「東北関東大震災被災地支援競馬」全体の売上げの一部からの拠出に加え、被災地支援のために拠出する)[1]。

毎日杯 歴代優勝馬

回数 施行日      優勝馬 性齢 勝時計      優勝騎手 管理調教師

第1回 1954年6月27日 ミネマサ 牡3 2:10 4/5 上田三千夫 伊藤正四郎

第2回 1955年5月15日 ヤサカ 牡3 2:06 0/5 佐藤勇 武田文吾

第3回 1956年7月1日 キヤツスル 牝3 2:10 1/5 栗田勝 武田文吾

第4回 1957年6月16日 シンセカイイチ 牡3 2:05 0/5 近藤武夫 伊藤勝吉

第5回 1958年6月15日 タカハル 牡3 2:02 3/5 近藤武夫 伊藤勝吉

第6回 1959年6月21日 ハツライ 牡3 2:04 3/5 清田十一 伊藤勝吉

第7回 1960年6月12日 タイゴンオー 牡3 2:02.7 諏訪真 諏訪佐市

第8回 1961年6月18日 ヤマサカエ 牡3 2:06.2 諏訪真 諏訪佐市

第9回 1962年6月17日 ゴールデンスター 牡3 2:04.9 諏訪真 諏訪佐市

第10回 1963年6月16日 パスポート 牝3 2:05.8 松永高徳 清水茂次

第11回 1964年6月21日 オンワードセカンド 牡3 2:05.8 松本善登 武田文吾

第12回 1965年6月13日 タニノライジング 牡3 2:04.1 池江泰郎 久保道雄

第13回 1966年6月12日 アポオンワード 牡3 2:03.6 栗田勝 武田文吾

第14回 1967年6月18日 サトヒカル 牡3 2:04.3 栗田勝 大久保亀治

第15回 1968年6月2日 ダテホーライ 牡3 2:04.4 宇田明彦 星川泉士

第16回 1969年6月22日 マサファイター 牡3 2:10.7 武邦彦 夏村辰男

第17回 1970年6月14日 ダテテンリュウ 牡3 2:07.1 宇田明彦 星川泉士

第18回 1971年3月14日 ニホンピロムーテー 牡3 1:57.8 簗田善則 服部正利

第19回 1972年4月9日 ユーモンド 牡3 2:10.6 福永洋一 武田文吾

第20回 1973年3月4日 ホウシュウエイト 牡3 2:04.4 中野勝也 日迫清

第21回 1974年3月3日 エリモマーチス 牡3 2:04.2 大久保光康 大久保正陽

第22回 1975年3月2日 フサトロキノー 牡3 2:03.6 目野哲也 土門健司

第23回 1976年2月29日 エリモファーザー 牡3 2:08.2 大久保哲男 大久保石松

第24回 1977年3月6日 ハードバージ 牡3 2:04.1 内田国夫 伊藤雄二

第25回 1978年3月5日 アグネスホープ 牡3 2:06.2 久保敏文 二分久男

第26回 1979年3月4日 ハシハーミット 牡3 2:02.3 河内洋 内藤繁春

第27回 1980年3月2日 レッドジャガー 牡3 2:03.6 村本善之 坂田正行

第28回 1981年3月1日 ヒロノワカコマ 牡3 2:05.3 伊藤清章 伊藤修司

第29回 1982年3月7日 エリモローラ 牡3 2:02.8 高橋隆 大久保石松

第30回 1983年3月6日 タケノヒエン 牡3 2:04.9 本田優 星川泉士

第31回 1984年3月4日 マルブツサーペン 牡3 2:04.5 加用正 瀬戸口勉

第32回 1985年3月3日 ニューファンファン 牡3 2:05.4 岩元市三 布施正

第33回 1986年3月2日 フレッシュボイス 牡3 2:02.9 田原成貴 境直行

第34回 1987年3月29日 ダイゴアルファ 牡3 2:02.6 加用正 北橋修二

第35回 1988年3月27日 オグリキャップ 牡3 2:04.8 河内洋 瀬戸口勉

第36回 1989年3月26日 スターサンシャイン 牡3 2:03.8 岡冨俊一 中村覚之助

第37回 1990年3月25日 キーミノブ 牡3 2:03.6 村本善之 日迫良一

第38回 1991年3月24日 イイデサターン 牡3 2:02.3 河内洋 大久保正陽

第39回 1992年3月29日 ヒシマサル 牡3 2:06.6 田島信行 佐山優

第40回 1993年3月28日 シクレノンシェリフ 牡3 2:06.4 松永幹夫 小林稔

第41回 1994年3月27日 メルシーステージ 牡3 2:01.0 河北通 小野幸治

第42回 1995年3月26日 ダイタクテイオー 牡3 2:01.7 藤田伸二 橋口弘次郎

第43回 1996年3月24日 タイキフォーチュン 牡3 2:01.1 柴田善臣 高橋祥泰

第44回 1997年3月23日 テイエムトップダン 牡3 2:03.3 和田竜二 岩元市三

第45回 1998年3月29日 ミラクルタイム 牡3 2:01.1 蛯名正義 前田禎

第46回 1999年3月28日 テイエムオペラオー 牡3 2:04.1 和田竜二 岩元市三

第47回 2000年3月25日 シルヴァコクピット 牡3 2:03.6 武豊 安田隆行

第48回 2001年3月24日 クロフネ 牡3 1:58.6 四位洋文 松田国英

第49回 2002年3月23日 チアズシュタルク 牡3 2:02.2 藤田伸二 山内研二

第50回 2003年3月29日 タカラシャーディー 牡3 1:59.9 佐藤哲三 佐々木晶三

第51回 2004年3月27日 キングカメハメハ 牡3 2:01.2 福永祐一 松田国英

第52回 2005年3月26日 ローゼンクロイツ 牡3 2:02.2 安藤勝己 橋口弘次郎

第53回 2006年3月25日 アドマイヤメイン 牡3 2:00.5 福永祐一 橋田満

第54回 2007年3月24日 ナムラマース 牡3 1:48.0 藤岡佑介 福島信晴

第55回 2008年3月29日 ディープスカイ 牡3 1:46.0 四位洋文 昆貢

第56回 2009年3月28日 アイアンルック 牡3 1:48.0 小牧太 橋口弘次郎

第57回 2010年3月27日 ダノンシャンティ 牡3 1:49.3 安藤勝己 松田国英

第58回 2011年3月27日 レッドデイヴィス セン3 1:47.1 浜中俊 音無秀孝

毎日杯からの3歳GI競走優勝馬

1971年から皐月賞の前哨戦として施行されているが3頭が皐月賞で優勝をしている。更に3歳GI(級)競走となると、いずれかの競走で12頭が優勝をしている。

回数 馬名 性齢 着順 優勝競走

第18回 ニホンピロムーテー 牡3 1着 第32回菊花賞

第24回 ハードバージ 牡3 1着 第37回皐月賞

第26回 ハシハーミット 牡3 1着 第40回菊花賞

第27回 オペックホース 牡3 5着 第47回東京優駿(日本ダービー)

第35回 ヤエノムテキ 牡3 4着 第48回皐月賞

第43回 タイキフォーチュン 牡3 1着 第1回NHKマイルカップ

第46回 テイエムオペラオー 牡3 1着 第59回皐月賞

第48回 クロフネ 牡3 1着 第6回NHKマイルカップ

第50回 ウインクリューガー 牡3 8着 第8回NHKマイルカップ

第51回 キングカメハメハ 牡3 1着 第9回NHKマイルカップ

第71回東京優駿(日本ダービー)

第55回 ディープスカイ 牡3 1着 第13回NHKマイルカップ

第75回東京優駿(日本ダービー)

第57回 ダノンシャンティ 牡3 1着 第15回NHKマイルカップ

 

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP