騎手 ら行 | 競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

鞍上ルメール!マカヒキGI大阪杯優勝!?

第1回大阪杯G1 阪神芝2000m優勝馬マカヒキ鞍上クリストフ・ルメール!?

マカヒキの1週前追い切りはかなりスムーズで、前走からの上積みがあります。
しかも来週の最終追い切りではルメール騎手が騎乗する。

一回叩いて大阪杯G1が良馬場なら大本命ですね。
小頭数ですし、マルターズアポジーがいつも通りのラップを刻んでいくなら、
大阪杯G1で一番レース展開が厳しいのはキタサンブラックでしょう。

マカヒキはキタサンブラックを目標にできまうから走りやすいはずです。
鞍上ルメールはダイヤモンドステークスでキタサンブラックを差していますしね。
並んで叩き合いというよりはマカヒキの強烈な末脚でゴール寸前に捕まえるイメージですね。

騎手は今後ルメールで固定でしょう。
金子真人オーナーも友道康夫調教師も今後サトノダイヤモンドと同じレースを使うつもりが無いとか確信します。

マカヒキの今後は、
大阪杯→宝塚記念→毎日王冠→天皇賞秋→JC→香港C

サトノダイヤモンドの今後は、
天皇賞春→フォワ賞→凱旋門賞→有馬記念

と予測できます。
サトノダイヤモンドが宝塚記念に出走する場合はかぶっちゃいますけれどね。

気になるのは天候です。雨が降って馬場が渋ったらマカヒキは買えません。
当日パンパンの良馬場ならばマカヒキ史上最も美味しい単勝馬券が狙えます。

マカヒキ
生年月日 2013年1月28日
調教師 友道康夫 (栗東)
馬主 金子真人ホールディングス
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町

中央獲得賞金 37,665.5万円
地方獲得賞金 0.0万円
通算成績 8戦5勝 [5-1-1-1]
主な勝鞍 16’日本ダービー(G1)
近親馬 ウリウリ、エンドレスノット
血統 ディープインパクト

大阪杯

競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP