競馬用語&競走馬 さ行 | 競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

2017年皐月賞の枠順が決定しました!スワーヴリチャードは1枠2番。 

2017年皐月賞の枠順が決定!ファンディーナは4枠8番、ウインブライトは8枠17番!

2017年皐月賞枠順

1枠1番 マイスタイル
1枠2番 スワーヴリチャード
2枠3番 コマノインパルス
2枠4番 カデナ
3枠5番 レイデオロ
3枠6番 アウトライアーズ
4枠7番 ペルシアンナイト
4枠8番 ファンディーナ
5枠9番 プラチナヴォイス
5枠10番 ダンビュライト
6枠11番 アルアイン
6枠12番 アメリカズカップ
7枠13番 サトノアレス
7枠14番 キングズラッシュ
7枠15番 アダムバローズ
8枠16番 クリンチャー
8枠17番 ウインブライト
8枠18番 トラスト

いよいよ2017年3冠初戦・皐月賞の枠順が決まりましたね。
69年ぶりの制覇を狙う牝馬ファンディーナは4枠8番です。

弥生賞優勝馬カデナは2枠4番、スプリングS優勝馬ウインブライトは8枠17番となりました。
共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャードは1枠2番。

この枠順が各馬のパフォーマンスに与える影響を探っていきます。
皐月賞

ウインブライトが皐月賞制覇!?松岡騎手男泣き!?

ウインブライトは皐月賞制覇のチャンス十分!松岡騎手男泣きできるか?

ウインブライトは、ステイゴールド産駒です。
ゴールドシップの後、皐月賞を勝っていないステイゴールド産駒にとって大きなチャンスが訪れました。

ウインレーシングクラブと松岡騎手にとって初のクラシック制覇をウインブライトが成し遂げる可能性は高いです。
皐月賞には不敗のファンディーナや共同通信杯優勝馬スワーヴリチャードなど上位人気馬が出走します。
しかし、皆強い相手と直接走っておらず、未知の魅力や過去データから人気になっています。

皐月賞の行われる日曜日は雨の予報です。
ステイゴールド産駒は道悪の方が馬券になる確率があがります。

昨年のディーマジェスティも先週の桜花賞もそうですが、
穴を開けるのは重賞を勝っているのに人気薄の馬ですね。
鞍上の松岡騎手の調子も上り調子。

池添騎手はハナ差で負けた2016年桜花賞のリベンジをレーヌミノルで見事に果たしました。
今回皐月賞では松岡騎手がハナ差で負けた2007年皐月賞のリベンジを果たすでしょう!?

ゴールドシップと見間違える3角からのロングスパートは、ある程度流れそうな皐月賞にぴったりです。
そろそろスプリング賞の勝ち馬が勝つ順番が来そうですしね。アンライバルドみたいに。

今年のG1はフェブラリー1着は2枠、高松宮記念は1着は3枠
大阪杯は1着は4枠、桜花賞は1着は5枠で決まりました。

皐月賞で6枠にウインブライトが入れば、更に勝利に近づきそう。
スプリング賞でのマイナス体重は寄生虫と輸送減だったということなので、体重にも注目ですね!!
皐月賞

2017年桜花賞ソウルスターリングは馬券にならない!?

2017年桜花賞ソウルスターリング(オッズ1.7倍)が馬券圏外に!?

一番人気の馬が馬券に絡めない桜花賞

桜花賞は荒れるレースです。
過去5年間の桜花賞単勝人気別データを見ると、1番人気の成績は悪いのです。

2016年の桜花賞では単勝1.5倍のメジャーエンブレムが、2015年の桜花賞では単勝1.6倍のルージュバックが、馬券圏外に沈んでいます。
2014年の桜花賞では単勝1.2倍のハープスターがゴール前クビ差の際どさでレッドリヴェールを差し切りました。

過去5年の桜花賞では2〜5番人気の馬が9回馬券になっていますから、
1番人気のソウルスターリングではなく2〜5番人気の馬を軸馬に考えることも必要です。

血統的には阪神外回りマイル(桜花賞)はディープインパクト産駒有利!

阪神外回りマイル(桜花賞)はディープインパクト産駒が特得意としています。
過去5年桜花賞で8頭が馬券になっています。ソウルスターリングはフランケル(怪物ですが)ですから該当しません。

2017年桜花賞に出走するディープインパクト産駒はカワキタエンカとサロニカの2頭だけです。
カワキタエンカの想定オッズは200倍、サロニカも50倍以上の人気薄です。ヒモには入れておくべきですね。
但し懸念点もあります。ディープインパクト産駒で馬券に絡んだ時のオッズが7番人気以内だったことです。ある程度、実力の評価がされいるうまだったのです。

桜花賞で有利な脚質は差し、追込み馬!ソウルスターリングは不利!!

阪神外回りマイル(桜花賞)は差し、追込み馬が絶対有利です。
ここ5年間で桜花賞逃げ切ったのは2015年のレッツゴードンキだけです。展開もドスローではまりました。

1番枠〜5番枠に入るとソウルスターリングは馬券圏外!?

桜花賞では5枠より外の枠の成績が良いです。内枠はかなり不利。
過去10年の桜花賞でで1番枠〜5番枠に入った馬は連対無しで、3着も1番枠1回、3番枠1回しかありません。
枠順に大注目ですね!!

ソウルスターリングに良いデータ!?前走チューリップ賞組が馬券になる!

桜花賞では前走チューリップ賞組の成績が抜群です。
過去5年の桜花賞で11回馬券になっています。毎年2頭は馬券になる勘定です。

2017年桜花賞の前走がチューリップ賞組は、アロンザモナ、ソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシューの4頭です。
このうち2頭が馬券になります。もしソウルスターリングが飛ぶならば、2017年桜花賞は歴史に残る大波乱となりますね。

土日は雨が降り重馬場になりそうです。ソウルスターリングは重馬場走れるんでしょうか?
ソウルスターリング1.7倍の絶対的オッズの割には、確勝とは言えなさそうです。

桜花賞

競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース


サトノダイヤモンド天皇賞・春から悲願の凱旋門賞制覇へ!

阪神大賞典を楽勝したサトノダイヤモンド&ルメール騎手でついに凱旋門賞制覇へ!

阪神大賞典・G2は天皇賞・春(4月30日、京都)の前哨戦です。
サトノダイヤモンドは鞍上ルメール騎手と共に直線抜け出し、1馬身半差の楽勝でした。

ラストはゆったり走ってる様に見えましたが昨年のシュヴァルグランのタイムより3.2秒も早かったんです。
これで神戸新聞杯から菊花賞、有馬記念に続き重賞4連勝です。

サトノダイヤモンドは菊花賞のときから馬体が長距離向きに見えていましたが、阪神大賞典では更に胴が伸び、筋肉量が増えています。
勝ちタイム3:02.6は2001年ナリタトップロードのコースレコードにあとコンマ1秒でした。
天皇賞・春には100%の馬体に仕上げてくるでしょうから更にパフォーマンスが上がるでしょう。

凱旋門賞で惜しくも2着だったオルフェーブルと比較すると劣るのはコーナースピードだけです。
オルフェーブルはピッチ走法ですがサトノダイヤモンドは大跳びです。コーナーは少しスピードが落ちてしまいますが、その分直線の加速力はオルフェーブル以上です。

池江調教師と担当獣医はサトノダイヤモンドが入厩したときから肺活量 心臓脈動をて徹底的に管理してオルフェーブルが惜しくも逃した凱旋門制覇をサトノダイヤモンドに託しています。
この長距離路線の選択は間違いなく凱旋門賞制覇のためのローテです。

凱旋門賞では瞬発力や爆発力よりも、スピード・スタミナ・パワーのバランスの高さが重要です。
日本馬はJCの結果から分かる通りスピードや瞬発力ならば既に欧州馬を大きく凌いでいます。

しかし深いターフや、高低差が大きく勾配がきつい坂に対応できるパワーとスタミナが凱旋門賞で勝つには必要です。
凱旋門賞で日本馬が優勝できない理由はそこにあります。

爆発力や切れ味ではディープインパクトやオルフェーブルには勝てないサトノダイヤモンドですが、
パワー・スタミナ・スピードでは上回っています。サトノダイヤモンドは凱旋門賞を勝つために生まれてきたような馬なのです。

ルメールは騎手はシャンティイの芝を「良ならいいが、重くなるとスタミナがとてもいる」と言っています。
凱旋門賞の馬場を知り尽くしたフランス人騎手を背にサトノダイヤモンドが堂々と凱旋門賞を勝つ姿が目の前に浮かびます!
競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース



サトノアレス【スプリングS】を制覇するか!?

2歳王者サトノアレスがスプリングSから始動!

このまだ寒い時期にクラシックへの権利を取りにくる馬たちと比べれば、
サトノアレスはすでに権利を確保していますから、余裕のローテーションです。
春のクラシック制覇に向けての視界は良好です。

鞍上も四位騎手から戸崎騎手に替わり、一番人気は間違いないでしょう。
牡馬クラシック戦線は群雄割拠ですが2歳王者サトノアレスが、ここでチューリップ賞優勝馬ソウルスターリングと並び、
一気に本命にのし上がるかもしれません。

戸崎騎手は「思っていたより立派な馬。幅があってしっかりしているし、距離の融通も利きそう。
若い頃はやんちゃな様子だったけど、厩舎が調整してくれてすごく乗りやすくコントロールが利く馬。G1馬という感じですね」と」と良い感触を得ています。

藤沢和調教師は「予定通りのメニューをこなしてきた。10キロは増えているかもしれないけどいい体つきをしている」と自信ありげです。
戸崎騎手はここでまた一番人気を飛ばす悪い癖を出さなければ良いんですが。
戸崎騎手も前年リーディング騎手として勝ち続けないと、ルメール騎手に水を開けられてしまいます。

サトノアレスはシンプルに距離が持つか持たないかだけかもしれません。
1800は血統的にはおなせるはずです。出来れば弥生賞を使って貰って適正が見れたら最高だったんですけれど。

里見オーナーが今年クラシックに何頭送り込めるのか興味津々でしたがサトノアレスが現時点では最有力でしょう。
サトノアレスは5戦して騎手4人を乗せ、札幌・中山・東京・阪神と闘い連対率100%。
これからは中山・東京が舞台と有利な条件です。

スプリングSで勝てば、おそらく鞍上は戸崎騎手で固定されるはず。
スプリングSを勝てば皐月賞・日本ダービーへ直結します。

過去スプリングSを勝った馬の中から、02年のタニノギムレット(日本ダービー)、03年のネオユニヴァース(皐月賞・日本ダービー)、
06年のメイショウサムソン(皐月賞・日本ダービー)、09年のアンライバルド(皐月賞)が、クラシックレースで勝利しています。

サトノアレスも語り継がれるクラシック制覇馬となれるのか、ここは大一番ですね!
スプリングステークス
競馬予想のレジまぐ

サトノアラジン

牡5歳 鹿毛

生年月日 2011年2月16日
調教師 池江泰寿 (栗東)
馬主 里見治
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町
セリ取引価格 13,650万円 (2011年 セレクトセール)
中央獲得賞金 30,649.9万円
地方獲得賞金 0.0万円
通算成績 21戦7勝 [7-4-3-7]
主な勝鞍 16’京王杯スプリングC(G2)
近親馬 ラキシス、エスケープマジック
血統
ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
マジックストーム Storm Cat
Foppy Dancer

シュヴァルグラン

牡4歳 栗毛

生年月日 2012年3月14日
調教師 友道康夫 (栗東)
馬主 佐々木主浩
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町

中央獲得賞金 19,104.3万円
地方獲得賞金 0.0万円
通算成績 14戦5勝 [5-3-3-3]
主な勝鞍 16’阪神大賞典(G2)
近親馬 ヴィルシーナ、ヴィブロス
血統
ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ハルーワスウィート Machiavellian
ハルーワソング

サウンドオブハートが阪神牝馬Sでクィーンズバーンを差し切り!重賞初制覇

サウンドオブハート重賞制覇おめでとう!
池添騎手の強引な競馬でしたが見事に押し切りました。地力がありますね。

ハナズゴールと同じ位置から上がってきましたが、サウンドオブハートは道悪馬場に適性があるのでしょう。
ヴィクトリアマイルでも良い競馬を期待します。


サウンドオブハートはクィーンズバーンをゴール前で捕らえて差し切り、外から追い込んだイチオクノホシにクビ差をつけ優勝しました。

サウンドオブハートは、父アグネスタキオン、母シンメイミネルバ、その父Caerleonという血統。
桜花賞では4着でいたね。重賞初制覇。通算6勝目です。

◆サウンドオブハート(牝4)
騎手:池添謙一
厩舎:美浦・松山康久
父:アグネスタキオン
母:シンメイミネルバ
母父:Caerleon
馬主:ターフ・スポート
生産者:タイヘイ牧場
通算成績:9戦6勝(重賞1勝)

ジャパンカップダートの穴馬は!?

ダート中距離の頂上決戦「ジャパン・オータムインターナショナル 第13回 ジャパンカップダート」が今週末、始まります。

2008年からは阪神競馬場・ダート1800mで行われています。
2010年の優勝馬トランセンドは、ここから大きく飛躍して、翌春のドバイワールドカップで2着になりました。
2011年もジャパンカップダートを勝っています。今年も実力馬が勢ぞろい。過去10年の結果から、穴馬をあぶりだしましょう!

ジャパンカップダートは単勝2番人気・3番人気の馬は馬連の相手には、用無しです!4番人気以下の穴馬が飛び込んできます!

過去10年間単勝1番人気の馬が3着内率100%です。それに比べて単勝2番人気・3番人気の馬は2着以内に1頭も入っていません。
しかも2番人気で3着に入ったのは2011年のエスポワールシチーただ一頭です。

ジャパンカップダートは単勝オッズ10.0~19.9倍の馬が狙い目です!


単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気       成績      勝率 連対率 3着内率
1番人気      5-3-2-0 50.0% 80.0% 100%
2番人気      0-0-1-9 0% 0% 10.0%
3番人気       0-0-0-10 0% 0% 0%
4~5番人気 3-2-0-15 15.0% 25.0% 25.0%
6~8番人気 1-3-4-22 3.3% 13.3% 26.7%
9番人気以下 1-2-3-72 1.3% 3.8% 7.7%

単勝オッズ別成績(過去10年)

単勝オッズ  成績      勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 5-3-3-2 38.5% 61.5% 84.6%
4.0~9.9倍 1-0-0-19 5.0% 5.0% 5.0%
10.0~19.9倍 2-3-2-15 9.1% 22.7% 31.8%
20.0~29.9倍 1-2-1-22 3.8% 11.5% 15.4%
30.0~49.9倍 1-0-3-21 4.0% 4.0% 16.0%
50.0倍以上 0-2-1-49 0% 3.8% 5.8%

ジャパンカップダートは7歳以上の馬は無視でオーケー

ジャパンカップダートでは年齢の高い馬は苦戦しています。7歳以上で3着以内に入った馬は、過去10年で2頭しかいません。
ヴァーミリアンやタイムパラドックスといった名馬も、7歳以降では4着以下の成績です。

     年齢別成績(過去10年)

年齢   成績      勝率 連対率 3着内率
3歳 2-1-3-21 7.4% 11.1% 22.2%
4歳 2-3-1-28 5.9% 14.7% 17.6%
5歳 4-4-1-33 9.5% 19.0% 21.4%
6歳 2-2-3-22 6.9% 13.8% 24.1%
7歳以上 0-0-2-24 0% 0% 7.7%

ジャパンカップダートでは外国馬も関東馬も用無し

ジャパンカップダートでは外国馬は苦戦。2003年のフリートストリートダンサーが1着になっているだけで、あとはすべて4着以下という悲惨な成績です。
関東馬も苦戦。2005年以降は3着以内に入った馬は、なんとゼロ頭です。

所属別成績(過去10年)

所属       成績 勝率 連対率 3着内率
関東馬      1-1-1-26 3.4% 6.9% 10.3%
関西馬      8-9-9-78 7.7% 16.3% 25.0%
地方競馬所属馬 0-0-0-7 0% 0% 0%
外国調教馬 1-0-0-17 5.6% 5.6% 5.6%

ジャパンカップダートでは、関西所属騎手と外国人騎手が狙い目!

騎手の所属別成績(過去10年)

所属         成績  勝率 連対率 3着内率
関東       1-4-2-38 2.2% 11.1% 15.6%
関西        6-6-6-48 9.1% 18.2% 27.3%
地方競馬所属騎手   0-0-0-8 0% 0% 0%
外国人騎手   3-0-2-34 7.7% 7.7% 12.8%



ジャパンカップダートでは以外の重賞で2~3着に惜敗していた馬が馬券になっています!

  4走前までにJRA以外の重賞で2~3着の経験をもつジャパンカップダート連対馬一覧(過去10年)

年度 着順 馬名 該当レース
02年 1着 イーグルカフェ 前走 ドラール賞(フランス) 3着
03年 1着 フリートストリートダンサー 前々走 グッドウッドBCハンデ(アメリカ) 2着
04年 1着 タイムパラドックス 前走 JBCクラシック(大井) 3着
2着 アドマイヤドン 前々走 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡) 2着
05年 2着 シーキングザダイヤ 前々走 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡) 2着
06年 2着 シーキングザダイヤ 前走 JBCクラシック(川崎) 2着
08年  1着 カネヒキリ 前々走 帝王賞(大井) 2着
2着 メイショウトウコン 前走 JBCクラシック(園田) 3着
09年 2着 シルクメビウス 4走前 ジャパンダートダービー(大井) 2着
10年 1着 トランセンド 前々走 日本テレビ盃(船橋) 2着
11年 1着 トランセンド 前走 JBCクラシック(大井) 2着
2着 ワンダーアキュート 4走前 名古屋大賞典(名古屋) 2着

さあて、これらの条件を満たす穴馬を探そうっと!

第61回 フジテレビ賞 スプリングステークス、馬券になるのはこの馬だ!

「第61回 フジテレビ賞 スプリングステークス(皐月賞トライアル)」、このレースは三冠馬を2頭も生み出している大注目レースですね。

1994年のスプリングSを勝ったナリタブライアンは、その後、クラシック三冠馬になりました。

史上7頭目の三冠馬になったオルフェーヴルは、このスプリングSで重賞初制覇して、その後、無敗で皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝ちました。
過去10年のレース結果から、馬券になる馬を探ります。

・スプリングステークスは、過去にオープンクラスの芝1600m以上のレースで1着になった馬は馬券になる!

過去10年の馬券になった馬を調べると、芝1600m以上のJRA重賞で2着以内か芝1600m以上のオープン特別で1着となった馬が馬券になっています。なんと3着内率34.5%です。

芝1600m以上のJRA重賞で2着以内か芝1600m以上のオープン特別で1着となったことのある馬の成績(過去10年)


成績からの該当 成績 勝率 連対率 3着内率
あり    9-5-5-36 16.4% 25.5% 34.5%
なし    1-5-5-90 1.0% 5.9% 10.9%

・スプリングステークスは、前走500万下のレースに出走していた馬は馬券になる!

芝1600m以上のJRA重賞で2着以内か芝1600m以上のオープン特別で1着となったことの無い馬の、前走の条件別成績(過去10年)

前走の条件  成績     勝率 連対率 3着内率
重賞      0-2-0-22 0% 8.3% 8.3%
オープン特別 0-0-0-18 0% 0% 0%
500万下      1-3-5-38 2.1% 8.5% 19.1%
新馬・未勝利 0-0-0-9 0% 0% 0%
地方競馬のレース 0-0-0-3 0% 0% 0%

・スプリングステークスは、前走も1800mだった馬が馬券になる!

スプリングステークスの前走の距離別成績を調べると、前走1800mレースに出走していた馬が、勝率・連対率・3着内率すべてでトップです。

前走の距離成績(過去10年)

前走の距離 成績      勝率 連対率 3着内率
1700m以下 2-6-4-57 2.9% 11.6% 17.4%
1800m      7-2-5-38 13.5% 17.3% 26.9%
1900m以上 1-2-1-31 2.9% 8.6% 11.4%

スプリングステークスは、単勝オッズが20倍未満だった馬は前走1800mだった馬が馬券になる!

単勝オッズが20倍未満だった馬の、前走の距離別成績(過去10年)

前走の距離 成績      勝率 連対率 3着内率
1700m以下 2-3-2-15 9.1% 22.7% 31.8%
1800m      7-2-4-13 26.9% 34.6% 50.0%
1900m以上 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%

・スプリングステークスは、キャリアの浅い馬が馬券になる!

過去10年のデータを見ると、3着以内馬30頭中19頭は、通算出走回数が4回以下の馬ですね。

通算出走回数別成績(過去10年)

通算出走回数 成績      勝率 連対率 3着内率
4回以下   6-7-6-47 9.1% 19.7% 28.8%
5回以上   4-3-4-79 4.4% 7.8% 12.2%

・スプリングステークスは、前走から中4週以上の間隔で出走した馬が馬券になる!

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走から中4週以上で出走した馬です。前走から中3週以内の馬は3着内率12.1%と厳しい成績です。

前走との間隔別成績(過去10年)

前走との間隔 成績    勝率 連対率 3着内率
中3週以下 2-2-3-51   3.4% 6.9% 12.1%
中4週以上 8-8-7-75   8.2% 16.3% 23.5%

競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP