Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: Access denied for user 'darpan'@'localhost' (using password: NO) in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142

Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: A link to the server could not be established in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142
阪神大賞典ってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

阪神大賞典ってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

阪神大賞典ってどんなレース?

阪神大賞典の基本情報

第44回阪神大賞典

主催者 日本中央競馬会

開催地 阪神競馬場

施行時期 3月中旬 – 下旬

(原則1回阪神8日目)

格付け GII

1着賞金 6000万円

賞金総額 1億1400万円

距離 芝3000m

出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)

負担重量 グレード別定(本文に記載)

第1回施行日 1953年12月6日

特記 地方馬のみ、上位2着までに天皇賞(春)への出走権

阪神大賞典(はんしんだいしょうてん)は、阪神競馬場の芝3000mで行われる中央競馬の重賞競走(GII)。

正賞は兵庫県知事賞・京阪神不動産株式会社賞。

阪神大賞典 概要

1953年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走、「阪神大賞典」として創設、第1回は現在とは違い12月に阪神競馬場の芝2000mで施行された。

1955年には負担重量を別定に変更、翌1957年からは11月初頭に施行時期を移し、施行距離を芝2200mに変更した。

1961年からは施行時期を12月下旬に変更、施行時期が現在の3月になる1986年まで1956年から始まった中山グランプリ(有馬記念)と並ぶ中央競馬の冬の風物詩に定着する事になる。1965年からは施行距離を芝3100mに変更、1974年から現在の芝3000mに変更、1978年から混合競走に指定、外国産馬の出走が可能となり、1980年は京都競馬場の改修工事による振替開催より京都競馬場の芝外回り3000mで施行した。

1984年からはグレード制施行によりGIIに格付けされるとともに、開催週が早まり有馬記念の前哨戦と位置付けされたが、1987年からは施行時期を現在の3月下旬に、また出走資格を5歳(現4歳)以上に変更、天皇賞(春)の前哨戦として定着して行く事になる。

1991年は阪神競馬場の改修工事により中京競馬場の芝3000mで施行、1994年は京都競馬場の改修工事による振替開催により再び中京競馬場の芝2800mで施行、翌年には指定競走に指定、地方所属の競走馬も出走が可能になったが、阪神競馬場の阪神・淡路大震災の影響による復旧工事により京都競馬場の芝3000mで施行、2002年からは混合競走から国際競走に指定されると同時に国際グレードでGIIに格付け、外国調教馬も出走が可能になった。

天皇賞(春)の前哨戦として施行されているが、日経賞(芝2500m)、大阪杯(芝2000m)の2重賞(GII)競走と比べ、本競走は芝3000mの長距離で行われている。したがって、芝3200mの長距離で施行される天皇賞(春)の距離に一番近く、前哨戦の中でも最も重要視されている。

また第32回東京優駿(日本ダービー)優勝馬キーストンが最後の直線で左前第一指関節完全脱臼を発症し落馬、振り落とされた鞍上の山本正司に3本脚で寄り添ったり、不調だった1994年の年度代表馬ナリタブライアン(当時・牡5)と1995年の年度代表馬マヤノトップガン(当時・牡4)が名勝負を繰り広げたのも本競走である。ちなみに後者は関西テレビの競馬番組ドリーム競馬のオープニング映像に一時期用いられるほど、印象深いレースだった(1996年秋開催から使用)。この番組のオープニング映像にGII競走の映像が用いられたのは後にも先にも、これだけである。

馬券的には、1番人気馬は2000年から2004年まで5連勝、1994年から2007年まで14年連続1番人気馬が全て連に絡み、さらに1990年から2008年までは19年連続複勝圏を外さなかった。近年では非常に堅いレースとして知られている。

3000mの距離、さらにはGIを目指す一線級の馬がステップレースとしてこのレースに出走してくることも多いため、過去の優勝馬は全て牡馬である(セン馬の優勝も無い)。

なお地方馬に限られるが、上位2着までに限り天皇賞(春)の出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

現在の優勝レイの配色は、赤色地に黄色文字となっている。

出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(2頭まで)と外国調教馬(8頭まで)。

負担重量は4歳は55kg、5歳以上は56kg、牝馬は2kg減を基本とし、

施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増

施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

以上の条件で斤量が課せられる。ただし2歳時の成績を除く。

阪神大賞典 歴史

1953年 – 阪神競馬場の芝2000mの4歳(現3歳)以上の混合のハンデキャップの重賞競走、阪神大賞典として創設。

1956年 – 負担重量が別定に変更。

1957年 – 施行距離を芝2200mに変更。

1959年 – この年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

1965年 – 施行距離を芝3100mに変更。

1967年 – キーストンが故障を発症し騎手が落馬、競走中止。

1974年 – 施行距離を芝3000mに変更。

1977年

久保敏文が騎手として史上初の3連覇。

久保道雄が調教師として史上初の連覇。

1980年 – 京都競馬場の改修工事による振替開催により京都競馬場の芝外回り3000mで施行。

1984年

グレード制施行によりGIIに格付け。

シンブラウンが史上初の連覇。

布施正が調教師として2人目の連覇。

1987年 – 開催時期変更(12月から3月に移動)に伴い、出走資格を5歳(現4歳)以上に変更。

1988年 – タマモクロスとダイナカーペンターが同着優勝。

1989年 – 2位入線のスルーオダイナが進路妨害により失格。

1991年 – 阪神競馬場の改修工事により中京競馬場の芝3000mで施行。

1992年

メジロマックイーンが2頭目の連覇。

池江泰郎が調教師として3人目の連覇。

1994年 – 京都競馬場の改修工事による振替開催により中京競馬場の芝2800mで施行。

1995年

指定交流競走に指定され、地方馬は2頭まで出走可能となる。

阪神競馬場の阪神・淡路大震災の影響による復旧工事により京都競馬場の芝外回り3000mで施行。

1996年

この年に限り、土曜日に施行された。(以降は現在に至るまで日曜日施行)

ナリタブライアンが3頭目の連覇。

大久保正陽が調教師として4人目の連覇。

2001年

馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。

ナリタトップロードが芝3000mの世界レコード3:02.5で圧勝。

2002年

混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。

国際セリ名簿基準委員会(ICSC)より国際GIIに指定。

ナリタトップロードが4頭目の連覇。

沖芳夫が調教師として5人目の連覇。

2003年 – 外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。

2006年 – 牝馬限定重賞競走優勝馬の負担重量を軽減。

2007年 – 武豊が騎手として3回目の連覇。

2011年 – 3月11日に発生した東日本大震災を受け、「東北関東大震災被災地支援競馬」として実施。

2012年 – 基本負担重量を4歳56kg、5歳以上57kg(牝馬は2kg減)から4歳55kg、5歳以上56kg(牝馬は2kg減)に変更。

阪神大賞典 歴代優勝馬

国際競走となった2002年以降は優勝馬の国旗を表記する。

回数 施行日     優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主

第1回 1953年12月6日 コウラン 牡3 2:05 2/5 土門健司 坂口正二 笠木政彦

第2回 1954年12月12日 ヒヤキオーガン 牡3 2:04 1/5 佐藤勇 武田文吾 坂上忠兵衞

第3回 1955年12月25日 セカイオー 牡3 2:06 0/5 島崎宏 加藤清一 吉木三郎

第4回 1956年12月2日 ダイナナホウシユウ 牡5 2:04 1/5 上田三千夫 上田武司 上田清次郎

第5回 1957年11月3日 トツプラン 牡3 2:17 1/5 栗田勝 武田文吾 坂谷豊次

第6回 1958年11月3日 カツラシユウホウ 牡3 2:20 0/5 蛯名武五郎 藤本冨良 牧市太郎

第7回 1959年11月3日 トキツヒロ 牡3 2:21.7 大根田裕也 大久保房松 伊藤忠雄

第8回 1960年10月30日 ヤマニンモアー 牡3 2:16.1 浅見国一 藤本冨良 土井宏二

第9回 1961年12月17日 ヘリオス 牡4 2:22.9 大久保正陽 大久保亀治 加藤弘

第10回 1962年12月16日 モトイチ 牡3 2:21.6 須貝彦三 橋田俊三 塚本元一

第11回 1963年12月15日 ヒカルポーラ 牡4 2:19.2 高橋成忠 佐藤勇 坪田喜之助

第12回 1964年12月20日 コウタロー 牡4 2:17.7 武邦彦 柴田不二男 上田正次

第13回 1965年12月19日 チトセオー 牡3 3:19.2 湯浅三郎 加藤清一 (株)チトセクラブ

第14回 1966年12月18日 リユウフアーロス 牡3 3:16.0 宮本悳 橋本正晴 三好諦三

第15回 1967年12月17日 フイニイ 牡3 3:17.4 保田隆芳 尾形藤吉 永田賢介

第16回 1968年12月29日 ムオー 牡4 3:17.9 大根田裕也 梅内慶蔵 伊藤忠雄

第17回 1969年12月28日 ダテハクタカ 牡3 3:14.5 宇田明彦 星川泉士 (株)伊達牧場

第18回 1970年12月27日 スピーデーワンダー 牡4 3:18.5 栗田勝 梅内慶蔵 石坂達也

第19回 1971年12月26日 スインホウシュウ 牡3 3:23.2 安藤正敏 上田三千夫 上田清次郎

第20回 1972年12月24日 ハマノパレード 牡3 3:27.7 吉岡八郎 坂口正二 (株)ホースタジマ

第21回 1973年12月23日 ディクタボーイ 牡3 3:12.7 高橋成忠 布施正 渡辺淳三

第22回 1974年12月22日 クリオンワード 牡4 3:06.0 安田伊佐夫 栗田勝 樫山純三

第23回 1975年12月21日 ロングホーク 牡3 3:08.3 久保敏文 松田由太郎 中井長一

第24回 1976年12月26日 ホクトボーイ 牡3 3:14.2 久保敏文 久保道雄 森滋

第25回 1977年12月25日 タニノチェスター 牡5 3:07.5 久保敏文 久保道雄 谷水雄三

第26回 1978年12月24日 キャプテンナムラ 牡3 3:13.5 飯田明弘 坂口正大 奈村信重

第27回 1979年12月23日 ファインドラゴン 牡3 3:09.3 南井克巳 内田繁三 吉田久博

第28回 1980年12月21日 グレートタイタン 牡5 3:12.5 田原成貴 吉田三郎 長底定治郎

第29回 1981年12月20日 アリーナオー 牡3 3:09.6 武邦彦 湯浅三郎 山本信行

第30回 1982年12月26日 ハンキイナリ 牡6 3:13.6 南井克巳 大沢真 前田勝治

第31回 1983年12月25日 シンブラウン 牡3 3:04.9 岩元市三 布施正 林幸雄

第32回 1984年12月2日 シンブラウン 牡4 3:07.5 岩元市三 布施正 林幸雄

第33回 1985年12月1日 ニシノライデン 牡4 3:06.8 伊藤清章 伊藤修司 西山正行

第34回 1986年11月30日 メジロボアール 牡3 3:06.1 村本善之 大久保洋吉 メジロ商事(株)

第35回 1987年3月15日 スダホーク 牡5 3:10.3 田村正光 古山良司 須田松夫

第36回 1988年3月13日 タマモクロス 牡4 3:12.1 南井克巳 小原伊佐美 タマモ(株)

ダイナカーペンター 牡4 加用正 増本豊 (有)社台レースホース

第37回 1989年3月12日 ナムラモノノフ 牡4 3:07.4 岡富俊一 野村彰彦 奈村信重

第38回 1990年3月11日 オースミシャダイ 牡4 3:10.1 松永昌博 武邦彦 山路秀則

第39回 1991年3月10日 メジロマックイーン 牡4 3:07.3 武豊 池江泰郎 メジロ商事(株)

第40回 1992年3月15日 メジロマックイーン 牡5 3:13.5 武豊 池江泰郎 メジロ商事(株)

第41回 1993年3月14日 メジロパーマー 牡6 3:09.2 山田泰誠 大久保正陽 (有)メジロ牧場

第42回 1994年3月13日 ムッシュシェクル 牡6 2:55.2 藤田伸二 小林稔 藤立啓一

第43回 1995年3月12日 ナリタブライアン 牡4 3:08.2 南井克巳 大久保正陽 山路秀則

第44回 1996年3月9日 ナリタブライアン 牡5 3:04.9 武豊 大久保正陽 山路秀則

第45回 1997年3月16日 マヤノトップガン 牡5 3:07.2 田原成貴 坂口正大 田所祐

第46回 1998年3月22日 メジロブライト 牡4 3:09.3 河内洋 浅見秀一 (有)メジロ牧場

第47回 1999年3月21日 スペシャルウィーク 牡4 3:13.4 武豊 白井寿昭 臼田浩義

第48回 2000年3月19日 テイエムオペラオー 牡4 3:09.4 和田竜二 岩元市三 竹園正繼

第49回 2001年3月18日 ナリタトップロード 牡5 3:02.5 渡辺薫彦 沖芳夫 山路秀則

第50回 2002年3月17日 ナリタトップロード 牡6 3:07.9 渡辺薫彦 沖芳夫 山路秀則

第51回 2003年3月23日 ダイタクバートラム 牡5 3:05.9 武豊 橋口弘次郎 (有)太陽ファーム

第52回 2004年3月21日 リンカーン 牡4 3:08.4 武豊 音無秀孝 近藤英子

第53回 2005年3月20日 マイソールサウンド 牡6 3:06.2 本田優 西浦勝一 佐野清

第54回 2006年3月19日 ディープインパクト 牡4 3:08.8 武豊 池江泰郎 金子真人ホールディングス(株)

第55回 2007年3月18日 アイポッパー 牡7 3:08.3 武豊 清水出美 (有)サンデーレーシング

第56回 2008年3月23日 アドマイヤジュピタ 牡5 3:08.7 岩田康誠 友道康夫 近藤利一

第57回 2009年3月22日 アサクサキングス 牡5 3:13.2 四位洋文 大久保龍志 田原慶子

第58回 2010年3月21日 トウカイトリック 牡8 3:07.3 藤田伸二 野中賢二 内村正則

第59回 2011年3月20日 ナムラクレセント 牡6 3:04.4 和田竜二 福島信晴 奈村信重

最多勝利騎手 – 武豊 8回(第39回、40回、44回、47回、51回、52回、54回、55回)

阪神大賞典からの天皇賞(春)優勝馬

1987年から天皇賞(春)の前哨戦として施行されているが9頭(内1頭が連覇)が天皇賞(春)を制覇している。

回数 馬名     性齢 着順 備考

第36回 タマモクロス 牡4 1着 第29回宝塚記念優勝

第98回天皇賞(秋)優勝

第37回 イナリワン 牡5 5着 第30回宝塚記念優勝

第34回有馬記念優勝

第39回 メジロマックイーン 牡4 1着 天皇賞(春)連覇

第40回 牡5 1着

第45回 マヤノトップガン 牡5 1着 天皇賞(春)では3:14.4のレコード(当時)で優勝

第46回 メジロブライト 牡4 1着 –

第47回 スペシャルウィーク 牡4 1着 第120回天皇賞(秋)優勝

第19回ジャパンカップ優勝

第48回 テイエムオペラオー 牡4 1着 古馬中長距離GI完全制覇

天皇賞(春)連覇

第54回 ディープインパクト 牡4 1着 天皇賞(春)では3:13.4のレコードで優勝

第56回 アドマイヤジュピタ 牡5 1着 –

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP