阪急杯ってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

阪急杯ってどんなレース?

阪急杯の基本情報

主催者 日本中央競馬会

開催地 阪神競馬場

施行時期 2月下旬 – 3月上旬

(原則1回阪神2日目)

格付け GIII

1着賞金 3800万円

賞金総額 7200万円

距離 芝1400m

出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)

出走資格も参照

負担重量 グレード別定

第1回施行日 1957年6月30日

特記 地方所属馬のみ、上位2着までに高松宮記念への出走権

阪急杯(はんきゅうはい)は、阪神競馬場の芝内回り1400mでおこなわれる中央競馬の重賞(GIII)競走。競走名は優勝杯を提供する阪急電鉄から冠名が取られた。阪急電鉄は阪神競馬場の最寄の駅である仁川駅に乗り入れている鉄道会社である。

阪急杯 概要

本競走は1955年から1956年の2年間だけ施行された、阪神競馬場の芝2400mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走「阪神記念」を前身とし、1957年に阪神競馬場の芝2200mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走「宝塚杯」として新設された。

1960年に阪急電鉄から優勝杯の提供を受けると名称を現在の阪急杯に改名、施行距離を芝1800mに変更、1965年のみ芝1850m、1967年から1971年は芝1900m、1972年からは芝1600m[1]、更に1981年の短距離重賞路線整備に伴い芝1400mと初夏のハンデキャップの短距離重賞競走として定着していき、1984年のグレード制施行によりGIIIに格付けされた。

1990年には混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能となり、1996年には高松宮杯(現在の高松宮記念)のGI昇格・距離短縮を中心とした短距離重賞路線の再整備に伴い芝1200mに変更。1997年には高松宮記念のステップレースの位置付けになり、出走資格を4歳以上に変更された。

2000年には開催時期を2月末から3月初めに、負担重量を別定にそれぞれ変更、更に特別競走に指定され地方所属馬の出走も可能になり、2005年には国際競走に指定、2006年には短距離重賞路線の再整備に伴い再び芝1400mに戻した。

関東圏の高松宮記念の前哨戦オーシャンステークス(2006年新設)と対になる競走で、関西圏の高松宮記念の前哨戦となる重要な競走である。

なお地方所属馬に限られるが、上位2着までに限り高松宮記念の出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

出走資格は、サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(3頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)。

負担重量は56kg、牝馬は2kg減を基本とし、

施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増

施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

以上のように斤量が課せられる。ただし2歳時の成績を除く。

阪急杯 歴史

1957年 – 阪神競馬場の芝2200mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走、宝塚杯として新設。

1958年 – 競馬法35周年記念競走の副称が当年のみ付く。

1959年 – 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝外回り2200mで施行。

1960年

前年の9月1日から日本競馬の時計が変更になったのに伴い、時計表示が1/5秒表示から1/10秒表示に変更。

名称を現在の阪急杯に改名。

施行距離を芝1800mに変更。

1962年

清田十一が騎手として史上初の連覇。

伊藤勝吉が調教師として史上初の連覇。

1965年 – 施行距離を芝1850mに変更。

1966年 – 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝外回り1800mで施行。

1967年 – 施行距離を芝1900mに変更。

1969年 – 阪神競馬場のスタンド火災により京都競馬場の芝1900mで施行。

1972年 – 施行距離を芝1600m[1]に変更。

1974年 – 阪神競馬場のダートコース新設工事により京都競馬場の芝外回り1600mで施行。

1976年 – 京都競馬場の芝外回り1600mで施行。

1981年 – 施行距離を芝1400mに変更。

1984年 – グレード制施行によりGIIIに格付け。

1988年 – 橋口弘次郎が調教師として2人目の連覇。

1990年 – 混合競走に指定。

1991年 – 阪神競馬場の改修工事により京都競馬場の芝外回り1400mで施行。

1995年

阪神競馬場の阪神・淡路大震災の影響により京都競馬場の芝外回り1400mで施行。

震災復興支援競走の副称が当年のみ付く。

1996年 – 施行距離を芝1200mに変更。

1997年 – 開催時期を3月末~4月初めに変更。それに伴い、出走資格も「5歳(現4歳)以上」に変更。

1999年 – 厩務員ストライキの影響で施行日を4月10日に延期。

2000年

開催時期を2月末~3月初めに変更。

指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。

負担重量を別定重量に変更。

2001年 – 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。

2002年 – 地方所属馬の出走枠が3頭に拡大。

2005年 – 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。

2006年

施行距離を芝(内回り)1400mに戻す。

牝馬限定競走優勝馬の負担重量を軽減。

競走中にコスモサンビームが死亡。

2007年

日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。

レース史上初、JRA重賞では2002年京成杯以来の2頭同着優勝。

2008年 – 5位入線のマルカフェニックスが進路妨害により12着に降着。

2012年

負担重量の加増内容を別定のGII競走と同様にし、上限を59kgから58kg(牝馬は2kg減)にする。以下のように変更される。

過去1年以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬の斤量加増を3kgから2kgに変更。

過去1年以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬および施行日前日から過去1年以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬の斤量加増を2kgから1kgに変更。

過去1年以降の牝馬限定GII競走またはGIII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬および施行日前日から過去1年以前の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬の加増1kgを削除。

阪急杯 歴代優勝馬

回数 施行日        優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師

第1回 1957年6月30日 タカクラオー 牡4 2:17 2/5 玉田一彦 橋田俊三

第2回 1958年6月29日 ヤマニン 牡3 2:21 0/5 浅見国一 相羽仙一

第3回 1959年7月5日 ホマレリユウ 牡4 2:17 2/5 宮本悳 橋本正晴

第4回 1960年5月22日 ミンシユウ 牡4 1:49.4 坂田正行 仲住達弥

第5回 1961年5月28日 シーザー 牡4 1:50.7 清田十一 伊藤勝吉

第6回 1962年5月27日 ミスケイコ 牝4 1:51.1 清田十一 伊藤勝吉

第7回 1963年5月26日 ゴウカイ 牡4 1:50.7 栗田勝 武田文吾

第8回 1964年5月24日 パスポート 牝4 1:48.6 松永高徳 清水茂次

第9回 1965年5月23日 バリモスニセイ 牡4 1:53.5 諏訪眞 諏訪佐市

第10回 1966年5月22日 ハツライオー 牡4 1:55.5 松本善登 伊藤修司

第11回 1967年5月21日 ニホンピローエース 牡4 1:54.8 田所稔 小川佐助

第12回 1968年7月7日 アポオンワード 牡5 1:58.4 松本善登 武田文吾

第13回 1969年5月18日 タカノキネン 牡5 2:00.4 小野幸治 小林稔

第14回 1970年5月10日 ヒロズキ 牡4 1:57.4 田口光雄 松田由太郎

第15回 1971年6月6日 トウメイ 牝5 2:00.0 清水英次 坂田正行

第16回 1972年5月14日 フアストバンブー 牡5 1:39.9 福永洋一 伊藤修司

第17回 1973年6月10日 サカエカホー 牡4 1:34.9 湯浅三郎 加藤清一

第18回 1974年6月9日 ケイリュウシンゲキ 牝4 1:35.0 上野清章 伊藤修司

第19回 1975年6月8日 シルバーネロ 牡4 1:35.0 福永洋一 武田文吾

第20回 1976年6月13日 ヤマニンファバー 牡4 1:38.1 日高三代喜 浅見国一

第21回 1977年6月12日 センターグッド 牡4 1:35.2 鹿戸明 田所稔

第22回 1978年6月11日 スリーファイヤー 牡4 1:37.3 岩元市三 布施正

第23回 1979年6月10日 リードスワロー 牝4 1:34.4 田島信行 服部正利

第24回 1980年5月11日 テルノエイト 牡4 1:34.6 飯田明弘 清水久雄

第25回 1981年5月24日 サツキレインボー 牡4 1:24.4 米元孝一 田之上勲

第26回 1982年6月13日 バンブトンハーレー 牡4 1:21.8 飯田明弘 伊藤修司

第27回 1983年6月12日 ハッピープログレス 牡5 1:22.3 田原成貴 山本正司

第28回 1984年6月10日 グァッシュアウト 牝4 1:24.0 小島貞博 戸山為夫

第29回 1985年6月9日 シャダイソフィア 牝4 1:21.9 河内洋 渡辺栄

第30回 1986年6月8日 ロングハヤブサ 牡5 1:22.5 南井克巳 小林稔

第31回 1987年6月7日 セントシーザー 牡5 1:22.3 河内洋 橋口弘次郎

第32回 1988年6月5日 サンキンハヤテ 牡4 1:21.6 増井裕 橋口弘次郎

第33回 1989年6月4日 ホリノライデン 牡4 1:22.0 武豊 目野哲也

第34回 1990年6月3日 センリョウヤクシャ 牡4 1:22.3 河内洋 庄野穂積

第35回 1991年6月2日 ジョーロアリング 牡5 1:23.5 山田和広 坪正直

第36回 1992年6月7日 ホクセイシプレー 牡4 1:25.2 須貝尚介 須貝彦三

第37回 1993年6月6日 レガシーフィールド 牝5 1:24.1 佐藤哲三 吉岡八郎

第38回 1994年6月5日 ゴールドマウンテン 牡5 1:20.9 岸滋彦 佐山優

第39回 1995年6月3日 ボディーガード 牡4 1:20.0 松永幹夫 山本正司

第40回 1996年6月16日 トーワウィナー 牡6 1:08.5 河内洋 佐山優

第41回 1997年3月29日 シンコウフォレスト 牡4 1:10.5 四位洋文 栗田博憲

第42回 1998年4月4日 マサラッキ 牡5 1:08.5 河内洋 増本豊

第43回 1999年4月10日 キョウエイマーチ 牝5 1:08.6 秋山真一郎 野村彰彦

第44回 2000年2月27日 ブラックホーク 牡6 1:08.7 横山典弘 国枝栄

第45回 2001年2月25日 ダイタクヤマト 牡7 1:08.7 M.デムーロ 石坂正

第46回 2002年2月24日 アドマイヤコジーン 牡6 1:07.9 後藤浩輝 橋田満

第47回 2003年3月2日 ショウナンカンプ 牡5 1:08.5 藤田伸二 大久保洋吉

第48回 2004年2月29日 サニングデール 牡5 1:08.5 吉田稔 瀬戸口勉

第49回 2005年2月27日 キーンランドスワン 牡6 1:08.5 四位洋文 森秀行

第50回 2006年2月26日 ブルーショットガン 牡7 1:22.5 松永幹夫 武宏平

第51回 2007年2月25日 プリサイスマシーン 牡8 1:20.5

(同着) 安藤勝己 萩原清

エイシンドーバー 牡5 幸英明 湯浅三郎

第52回 2008年3月2日 ローレルゲレイロ 牡4 1:20.7 四位洋文 昆貢

第53回 2009年3月1日 ビービーガルダン 牡5 1:21.1 安藤勝己 領家政蔵

第54回 2010年2月28日 エーシンフォワード 牡5 1:21.4 岩田康誠 西園正都

第55回 2011年2月27日 サンカルロ 牡5 1:20.1 吉田豊 大久保洋吉

阪急杯からの高松宮記念優勝馬

1997年から高松宮記念の前哨戦として施行されているが7頭が高松宮記念(高松宮杯)を制覇している。以下は複数回出走した該当馬は優勝年を表記したもの。

回数 馬名     性齢 着順

第41回 シンコウキング 牡6 7着

第47回 ビリーヴ 牝5 9着

第48回 サニングデール 牡5 1着

第49回 アドマイヤマックス 牡6 4着

第50回 オレハマッテルゼ 牡6 3着

第51回 スズカフェニックス 牡5 3着

第53回 ローレルゲレイロ 牡5 2着

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP