「消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」で島田明宏氏がJRA賞馬事文化賞を受賞! | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

「消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」で島田明宏氏がJRA賞馬事文化賞を受賞!

JRAは、馬事文化賞に島田明宏氏著「消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」を選出しました。

消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」の概略

 史上最年少の20歳3か月で日本ダービーを制した前田長吉騎手の伝記。

1942年(昭和17年)春季にデビュー、その2年後の秋に徴兵され、満州に出征、戦後はシベリアに抑留、強制労働により1946年(昭和21年)2月、23歳で夭逝した。

これまで彼の人生、特に競馬界での活躍は、戦争の混乱期の短期間であったため、資料が散逸し、聞き取り調査の対象者が鬼籍に入られ、その多くが謎に包まれていた。

著者が「私のライフワークというべき作品をお届けできることを嬉しく思う」と巻頭に記しているとおり、まさに足かけ5年の歳月をかけて長吉の人生を明らかにした労作。

・受賞の理由

 受賞作の「消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」は、1943年にクリフジに騎乗しダービージョッキーとなった前田長吉の人生を丹念に調べ上げ、今まで謎に包まれていた同騎手の人生を世に知らしめた点が評価されました。

また、近代競馬150周年を迎えた今年、その150年の中で日本がもっとも苦難に直面した第二次世界大戦中の競馬の模様、またその戦争に翻弄された騎手・前田長吉の悲運を興味深く描いた点も併せて評価されました。

・島田明宏氏のコメント

「競馬の文章を書き始めて20年以上となりますが、ずっと意識していた賞でした。自分としては遠いものと思っていたので、今回の受賞は非常に嬉しいの一言です。競馬に関する物語をこれからもずっと書き続けていきたいと思います。」

島田 明宏(しまだ あきひろ、1964年11月2日 – )は日本のライター。北海道札幌市生まれ。専門・得意分野は競馬、インタビュー、書評、紀行文など。作家・伊集院静を私淑している。

島田 明宏プロフィール

北海道札幌西高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部政治学科中退。 高校在学時サッカー札幌選抜メンバーとして国体予選に出場するも、右膝前十字じん帯断裂のため選手生活を断念。 早大在学中より執筆活動開始。テレビ朝日『プレステージ』、フジテレビ『FNN DATE LINE』、ニッポン放送の早朝番組などの構成を担当。ほぼ同時期に雑誌「GORO」「ホットドッグ・プレス」などでライター業を始める。

島田 明宏 執筆活動

島田 明宏 ノンフィクション

1987年秋から1年ほど東京中日スポーツのレース課で仕事をする。

1990年夏から武豊騎手のアメリカ遠征に同行するようになり、「Number」「別冊宝島」「競馬の達人」「おもしろ競馬塾」「ヤングマガジン」「週刊文春」「週刊アサヒ芸能」などで競馬関連の原稿を書くようになる。

並行して男性誌や自動車専門誌でF1やWRC (世界ラリー選手権)などモータースポーツ関係の取材記事、「週刊朝日」「DIME」「プレジデント」「週刊ポスト」などでノンフィクション、書評などを書く。「大人の休日倶楽部ジパング」で「益子焼紀行」「早春の鎌倉紀行」など紀行文を執筆。

島田 明宏 小説、漫画原作

集英社「青春と読書」1998年10月号に「鞍上のバレット」、1999年5月号に「ラストステッキ」、同年9月号に「ジイさんの半マイル」、日本中央競馬会「優駿」2006年6月号に「青い鞭」などの短編小説を寄稿。

学研「4年の学習」で子ども向けの物語「竹のムチがくれた夢」「まぼろしの鬼」「ナイス・ストレート」などを執筆。

講談社「BE・LOVEパフェ」に「たった一度の駒くらべ」、集英社「週刊ヤングジャンプ増刊『漫革』」に「のりこののりは法律の法」など漫画の原作を書く。

島田 明宏 連載エッセイ

「週刊競馬ブック」で「競馬は本音で」、その後「競馬ことのは」を隔週連載。「一筆啓上」も年数回。

「スポーツ報知」でGI予想コラムを連載中。

「UMAJIN」で「UMAJIN eye」、その後「島田明宏のフォーカス」を連載中。

島田 明宏 文庫解説

むかい風(伊集院静、集英社文庫、1998)

眺めのいい人(伊集院静、ゴマ文庫、2007)

島田 明宏 著書

わたしの馬が、ターフを走る(オーエス出版社、1994)

「武豊」の瞬間(集英社、1997 のち文庫、1999)

凶走(講談社、1999)

ありゃ馬こりゃ馬で勝ち馬を探せ!(講談社、1999)

蛯名正義フォトエッセイ 冷めて、静かに、熱くなれ(講談社、2000)

武豊対談集 頂上を駆ける(ザ・マサダ、2000 のち廣済堂文庫、2002)

武豊インタビュー集 戴冠(廣済堂出版、2002)

武豊インタビュー集 美技(廣済堂出版、2003)

武豊インタビュー集 躍動(廣済堂出版、2004)

ディープインパクト 無敗の三冠馬の真実(廣済堂出版、2005)

ありがとう、ディープインパクト 最強馬伝説完結(廣済堂出版、2007)

武豊インタビュー集スペシャル 勝負篇(廣済堂文庫、2007)

武豊インタビュー集スペシャル 名馬篇(廣済堂文庫、2007)

伝説の名ジョッキー 歴史をつくった天才たちの光と影(ゴマブックス、2008)

ウオッカ物語 競馬史に残る美しき名牝(廣済堂出版、2010)

消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡(白夜書房、2011)

島田 明宏 訳書

きらめく瞳に会った(ボブ・コンスタンデュロス著、山海堂、1993)

島田 明宏 賞歴

2009年 – 「下総御料牧場の春」で第26回さきがけ文学賞選奨[1]

2012年  「消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡」で馬事文化賞

島田 明宏 脚注

^ 第26回さきがけ文学賞(秋田魁新報社)

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP