手塚 貴久 | 競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

手塚 貴久

手塚 貴久(てづか たかひさ、1964年9月20日 - )はJRA・美浦トレーニングセンター北に所属する調教師である。
1989年5月、JRA競馬学校厩務員課程に入学し、10月より美浦・相川勝敏厩舎所属の厩務員となる。
1990年3月、美浦・佐藤林次郎厩舎所属となり、4月からは美浦・佐藤全弘厩舎所属の調教助手となる。
1998年、調教師免許を取得する。
1999年、3月1日付けで厩舎を開業する。

3月6日、初出走となった中京競馬場での第5レースでは、ドウカンロドリゴが5番人気で10着だった。4月11日、中山競馬場での第3レースに出走したフォージドチャンプが勝利し、延べ13頭目でJRA初勝利を挙げる。

第16回フェアリーステークスをベルグチケットが制し、開業1年目でJRA重賞初勝利を挙げた。
2005年、第56回全日本2歳優駿をグレイスティアラが制し、GI初勝利を挙げる。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP