Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: Access denied for user 'darpan'@'localhost' (using password: NO) in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142

Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: A link to the server could not be established in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142
騎手 | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

騎手 | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

オークスで優勝するのはフローレスマジック!?

フローレスマジックは騎乗する戸崎騎手にオークスで優勝をプレゼントするか?

フローレスマジックはかなり良い状態のようです。

戸崎騎手も調教で馬が大きく進化していることを追いきりで感じたようですね。

他の馬達が馬なりで調教している中、フローレスマジックは強い負荷のかかる形で追割れていました。

前脚の出方が良いですし、これまでの緩い調教とは、まるで違います。

トライアルのフローラS(GII)では3着でしたが、戸崎騎手によれば2400mのオークスを見据えて、

前に壁を作らずにどんな競馬ができるかなというのを思い描いたレースだったそうです。

攻め馬を積み上げているわりには、フローレスマジックはテンションも上がっていない。

2400mに距離が延びても問題ない、との言葉も飛び出しました。

戸崎騎手はオークスで2年連続2着の成績ですから、今年は期するものがあるでしょう。

リーディング上位なのにクラシックを勝ってないという汚名を晴らす好騎乗が見られるのは間違いありません。

フローレスマジックはノーザンファームのディープインパクト産駒です。

オークスには特別強い血統で、今年のディープインパクト産駒は他にブラックスビーチがいるだけですから、更に期待も高まります。

またブラックスビーチはスイートピーステークスからの参戦なので、フローレスマジックの方が断然、王道路線ですね。

かなり早い時期からフローレスマジックは阪神JFや桜花賞は狙わず、オークス制覇だけに目標を絞っているのがミエミエです。

アルテミスSではリスグラシューに負け、クイーンCではアドマイヤミヤビに完敗しましたが、あえて余力を残しての負けに見えました。

本気でクラシックを獲りに来ている臭いがプンプンです。なにしろフローレスマジックは社台サンデーレーシング所属です。

今年のオークス、荒れそうですね!

オークス

平安S(GⅢ)5月20日で勝つのはケイティブレイブ!?

平安S(GⅢ)は前にいける馬が優勝する!?

平安S(GⅢ)は逃げ・先行馬の成績が抜群です。

4角では3番手以内でないと、ほぼ馬券になりません。

ケイティブレイブのフェブラリーS(G1)で先行できたスピードが、バッチリ嵌りそうです。

前走の名古屋大賞典(G3)では、ハナを主張した福永祐一に導かれ、

他の馬たちが押している中、何もしないで馬なりで突き放し楽勝でした。

そのケイティブレイブが、いよいよG1を狙ってローテを組んで来たんです。

平安S(5月20日・京都、ダート1900m)から帝王賞(JpnI)(6月28日・大井、ダート2000m)狙いです。

もし、平安S(GⅢ)で負けることがあれば、地方交流重賞と中央重賞の違いかもしれません。

毎回使い過ぎと言われ、今回もグレンツェント、グレイトパール、アスカノロマンの次の4番人気想定です。

目野調教師は定年間際ですからケイティブレイブでなんとかGⅠ優勝を!という気持ちもほの見えます。

それに応えるかのように、ケイティブレイブは出走する度に前走の馬体重より増えてさらに上昇してきています。

平安S(GⅢ)でフェブラリーステークスの時の走りができるなら、楽勝もありえます。

ケイティブレイブはアドマイヤマックスの最高傑作でもあります。父の名のもとに大駆けすることを期待します!

平安ステークス

ウインブライトが皐月賞制覇!?松岡騎手男泣き!?

ウインブライトは皐月賞制覇のチャンス十分!松岡騎手男泣きできるか?

ウインブライトは、ステイゴールド産駒です。

ゴールドシップの後、皐月賞を勝っていないステイゴールド産駒にとって大きなチャンスが訪れました。

ウインレーシングクラブと松岡騎手にとって初のクラシック制覇をウインブライトが成し遂げる可能性は高いです。

皐月賞には不敗のファンディーナや共同通信杯優勝馬スワーヴリチャードなど上位人気馬が出走します。

しかし、皆強い相手と直接走っておらず、未知の魅力や過去データから人気になっています。

皐月賞の行われる日曜日は雨の予報です。

ステイゴールド産駒は道悪の方が馬券になる確率があがります。

昨年のディーマジェスティも先週の桜花賞もそうですが、

穴を開けるのは重賞を勝っているのに人気薄の馬ですね。

鞍上の松岡騎手の調子も上り調子。

池添騎手はハナ差で負けた2016年桜花賞のリベンジをレーヌミノルで見事に果たしました。

今回皐月賞では松岡騎手がハナ差で負けた2007年皐月賞のリベンジを果たすでしょう!?

ゴールドシップと見間違える3角からのロングスパートは、ある程度流れそうな皐月賞にぴったりです。

そろそろスプリング賞の勝ち馬が勝つ順番が来そうですしね。アンライバルドみたいに。

今年のG1はフェブラリー1着は2枠、高松宮記念は1着は3枠

大阪杯は1着は4枠、桜花賞は1着は5枠で決まりました。

皐月賞で6枠にウインブライトが入れば、更に勝利に近づきそう。

スプリング賞でのマイナス体重は寄生虫と輸送減だったということなので、体重にも注目ですね!!

皐月賞

鞍上ルメール!マカヒキGI大阪杯優勝!?

第1回大阪杯G1 阪神芝2000m優勝馬マカヒキ鞍上クリストフ・ルメール!?

マカヒキの1週前追い切りはかなりスムーズで、前走からの上積みがあります。

しかも来週の最終追い切りではルメール騎手が騎乗する。

一回叩いて大阪杯G1が良馬場なら大本命ですね。

小頭数ですし、マルターズアポジーがいつも通りのラップを刻んでいくなら、

大阪杯G1で一番レース展開が厳しいのはキタサンブラックでしょう。

マカヒキはキタサンブラックを目標にできまうから走りやすいはずです。

鞍上ルメールはダイヤモンドステークスでキタサンブラックを差していますしね。

並んで叩き合いというよりはマカヒキの強烈な末脚でゴール寸前に捕まえるイメージですね。

騎手は今後ルメールで固定でしょう。

金子真人オーナーも友道康夫調教師も今後サトノダイヤモンドと同じレースを使うつもりが無いとか確信します。

マカヒキの今後は、

大阪杯→宝塚記念→毎日王冠→天皇賞秋→JC→香港C

サトノダイヤモンドの今後は、

天皇賞春→フォワ賞→凱旋門賞→有馬記念

と予測できます。

サトノダイヤモンドが宝塚記念に出走する場合はかぶっちゃいますけれどね。

気になるのは天候です。雨が降って馬場が渋ったらマカヒキは買えません。

当日パンパンの良馬場ならばマカヒキ史上最も美味しい単勝馬券が狙えます。

マカヒキ

生年月日 2013年1月28日

調教師 友道康夫 (栗東)

馬主 金子真人ホールディングス

生産者 ノーザンファーム

産地 安平町

中央獲得賞金 37,665.5万円

地方獲得賞金 0.0万円

通算成績 8戦5勝 [5-1-1-1]

主な勝鞍 16’日本ダービー(G1)

近親馬 ウリウリ、エンドレスノット

血統 ディープインパクト

大阪杯

武幸四郎(武豊の弟)が調教師に!亡き父・邦彦も調教師

武幸四郎騎手が2017年度新規調教師合格者となりました!

武幸四郎騎手の父・武邦彦は名人と呼ばれていました。天才・武豊の弟でもあります。

19997年に騎手デビューして、初勝利がデビュー翌日のマイラーズC(オースミタイクーン)です。

JRA史上最短記録のデビュー2日目での最年少重賞優勝という華々しいスタートでした。

武幸四郎騎手は、

「目標は父(今年8月に亡くなった武邦彦元調教師)です。調教師としても、人間としても一生の目標です。開業後はその馬が目指せる能力に対して最大限の結果が出せるようにと思っています。」

とコメントしています。

天才・武豊は引退すると岡部のようなテレビのコメンテーターになりそうです。武幸四郎が父の遺志を引き継ぎ、今後も活躍されることが嬉しい限ります。

調教師としてドカンと大穴開ける馬を育てそうな気がします。ティコティコタックやメイショウマンボみたいな馬ですね。

難関試験の合格おめでとうございます!

戸崎圭太 (トサキケイタ)

戸崎圭太 (トサキケイタ) 1980/07/08 [美浦] 田島俊明

プロフィール

出身地 栃木県

血液型 B型

身長 161cm

体重 50kg

平地初騎乗日 2005/06/26

平地初騎乗馬 スプリングラゴス

平地初勝利日 2007/07/08

平地初勝利馬 ヤマカツティガー

ダイワマッジョーレが気になる中山金杯・・・。軸馬にしようかな。

社台の吉田代表が二歳時にダイワメジャー産駒の中で、一押ししていたのが、ダイワマッジョーレでした。

この馬は、重賞をどんどん勝てる素質がありそうですね。今年は飛躍の年になることを期待します!

しかも騎手は、私のお気に入りの丸田騎手ですなあ。丸田騎手はもっともっと評価されていい実力派騎手です。

丸田騎手とのコンビで重賞初制覇は十分あり得ますね。

昨年のひめさゆり賞優勝から6戦連続で鞍上を任されている丸田騎手のコメントは、

「使いながら気性面が成長し、レース内容は良くなっている。これだけ続けて乗ってオープンまで行ったのは、シセイカグヤとこの馬だけ」今回も自信を持って乗りたいと強気。

勝てば、丸田騎手にとって2010年の福島記念(ダンスインザモア)以来の重賞制覇ですからね。期待してますよ!!

タッチミーノットの中山金杯1週前追い切りは、勢いあり!

中山金杯の1週前追い切りが27日、東西のトレセンで行われましたね。

美浦では、10月の毎日王冠(3着)以来の出走となるタッチミーノットが、勢い十分の動きを見せました。

タッチミーノットの南Dダートコースでの最終追い切りは単走で6ハロンからスタート。

直線に入って、ややずぶいところを見せましたが、ラスト1ハロン12秒6でゴール。

全体の79秒6も好時計。

吉沢助手は「(内容は)予定通りだったけど、思ったより時計が速くなった。やったことで、変わってくると思う」と満足の表情を浮かべていました。

タッチミーノットは休養前、毎日王冠で0秒1差の3着でした。

賞金不足のため、天皇賞・秋へは出走できませんでしたが「やっと、安定した走りができるようになった。以前は、加減していた面があったけど、調教でビッシリやれるようになった」

と吉沢助手の話です。来年で7歳ですが、まだまだいけそうですね。

柴崎調教師も「間隔が空いたけど、状態は、むしろ毎日王冠よりいい。あとは様子を見て、年末にサラッとやって備えるだけ」

と強気の発言です。

ダンスインザダーク産駒のタッチミーノットが、ついに初めてのタイトルを手にするかが注目ですね。

ダイヤモンドS(G3)で気になる穴馬は、この馬ですね!

ダイヤモンドS(G3)で気になる穴馬は、この馬ですね

デイープ産駆のスマートロビンです。

それほど人気にはならないんじゃないかな。

先行馬得意の安藤勝己騎手が騎乗します。

安藤騎手は、ダイワメジャーやダイワスカーレット、最近だと関屋記念のレインボーペガサス、アルゼンチン共和国杯のトレイルブレイザーなどの騎乗振りが光っていますね。

先行して後続を封じ込める競馬を今回も見せてくれるでしょう!

松田厩舎と安藤騎手の組み合わせは、複勝率4割3分を超えてますから、ここは期待できると

踏んでいます。

 

スマートロビンの基本情報

生年月日:2008年3月5日

毛色:鹿毛

調教師(所属):松田 国英(栗東)

馬主:大川 徹

生産者:飛野牧場

産地:新ひだか町

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo

Wishing Well

ウインドインハーヘア Alzao

Burghclere

キーブギー Lyphard Northern Dancer

Goofed

Key Dancer Nijinsky

Key Partner

本賞金 付加賞金 収得賞金

6970万円 77万円 平地 2400万円 障害 0万円

総合成績2012年1月16日現在

出走レース

年月日 レース 競馬場 コース 馬場 頭数 枠番 馬番 人気 オッズ 着順 騎手名 斤量 馬体重 タイム 上3F 通過順位 タイム差

12/01/15 日経新(GII) 京都 芝2400 良(曇) 12 1 1 2 5.1 5 安藤勝己 55.0 552(26) 2.24.3 35.7 01-01-01-01 -0.6

11/11/12 比叡S 京都 芝2400 良(晴) 14 7 11 2 3.4 1 福永祐一 55.0 526(4) 2.24.4 34.4 02-02-02-02 0.3

11/09/25 神戸新(GII) 阪神 芝2400 良(晴) 12 3 3 5 18.8 4 小牧太 56.0 522(0) 2.29.2 34.5 01-01-01-01 -0.9

11/08/28 阿寒湖 札幌 芝2600 良(晴) 11 8 10 3 5.7 1 福永祐一 54.0 522(0) 2.41.5 36.4 03-03-03-02 0.7

11/03/27 毎日杯(GIII) 阪神 芝1800 良(晴) 18 3 5 3 9.3 10 武豊 56.0 522(2) 1.48.2 34.6 13-15 -1.1

11/02/26 アーリ(GIII) 阪神 芝1600 良(晴) 13 1 1 2 4.9 5 岩田康誠 56.0 520(0) 1.34.6 34.9 08-07 -0.4

11/01/16 京成杯(GIII) 中山 芝2000 良(晴) 16 6 11 1 2.5 12 内田博幸 56.0 520(6) 2.02.5 37.2 15-16-10-08 -1.6

10/12/12 エリカ 阪神 芝2000 良(晴) 9 4 4 2 4.5 1 内田博幸 55.0 514(-2) 2.05.2 34.2 01-01-01-01 0.2

10/11/21 未勝利 東京 芝2000 良(晴) 15 5 9 1 1.7 1 内田博幸 55.0 516(-2) 2.02.5 34.3 09-07-02 0.0

10/10/23 未勝利 京都 芝2000 良(晴) 13 6 8 1 1.5 2 武豊 55.0 518(4) 2.02.5 34.6 09-09-07-03 -0.1

10/09/26 新馬 阪神 芝1600 良(晴) 10 8 10 1 1.7 2 内田博幸 54.0 514 1.40.1 33.0 06-06 -0.0

年月日 レース 競馬場 コース 馬場 頭

数 枠

番 馬

番 人

気 オッズ 着

順 騎手名 斤量 馬体重 タイム 上3F 通過順位 タイム差

ダノンカモン、ついに重賞制覇かな!?

ダノンカモンは、昨年のマイルCS南部杯で、超ハイペースで逃げたエスポワールシチーと追走したトランセンドにぴったりついていきました。

しかも最後には、エスポワールシチーを競り落としてトランセンドとゴールへなだれ込んだのですから、今回の根岸ステークスで実力が違うかもしれませんね。

鞍上も福永騎手ですしね。昨年負けたセイクリムズンは1キロ多く背負わされていますし、休み明けなのでいまひとつ、冴えないようです。

ダノンカモン勝ち負けでしょうね。

馬名 ダノンカモン[現役] 調教師 池江 泰寿(栗東) 戦績 27戦[7-7-2-11] 父 シンボリクリスエス

性齢[毛色] 牡6[黒鹿毛] 馬主 株式会社 ダノックス 総賞金 27,181万円 母 シンコウエンジェル

生年月日 2006年2月8日 生産者 ノーザンファーム 収得賞金 9,000万円 母父 Ogygian

開催日 競馬場 競走名 コース 馬場 頭数 枠番 馬番 オッズ 人気 着順 負担重量(kg) 騎手 調教師 馬体重(kg)タイム 着差

(秒) 上3F 通過順位 1(2)着馬

12/01/29 東京 根岸S GIII ダ1400 16 3 5 — — — 56.0 福永祐一 池江泰寿 — ** — — — —

11/12/04 阪神 JCダート GI ダ1800 良 16 7 13 14.5 4 5 57.0 福永祐一 池江泰寿 528(+2) ** 1.51.1 0.5 37.5 7- 8- 4- 4 トランセンド

11/11/13 東京 武蔵野S GIII ダ1600 稍 16 6 12 1.7 1 2 56.0 三浦皇成 池江泰寿 526(0) ** 1.35.3 0.1 35.8 3- 3 ナムラタイタン

11/10/10 東京 MCS南部杯 ダ1600 良 15 4 6 8.8 3 2 57.0 福永祐一 池江泰寿 526(-2) ** 1.34.8 0.0 36.6 3- 3 トランセンド

11/09/19 阪神 エニフS オープン ダ1400 良 10 6 6 3.4 2 1 59.0 福永祐一 池江泰寿 528(+4) ** 1.23.7 -0.2 35.7 3- 3 ケイアイガーベラ

11/07/10 京都 プロキオンS GIII ダ1400 良 16 7 13 5.6 3 2 56.0 和田竜二 池江泰寿 524(-2) ** 1.22.5 0.4 36.2 6- 4 シルクフォーチュン

11/02/20 東京 フェブラリー GI ダ1600 良 16 4 7 7.6 5 4 57.0 リスポリ 池江泰寿 526(0) ** 1.36.8 0.4 36.1 8- 7 トランセンド

11/01/30 東京 根岸S GIII ダ1400 良 16 3 5 4.8 3 2 56.0 三浦皇成 池江泰寿 526(-10) ** 1.23.2 0.2 35.4 5- 5 セイクリムズン

11/01/15 京都 大和S オープン ダ1400 良 16 2 3 2.1 1 1 57.0 和田竜二 池江泰寿 536(+8) ** 1.24.0 -0.1 35.6 9- 8 ナムラタイタン

10/12/19 阪神 ギャラクシー オープン ダ1400 良 16 2 4 3.5 2 2 57.0 和田竜二 池江泰寿 528(+6) ** 1.22.9 0.4 36.3 3- 3 ケイアイガーベラ

10/11/14 東京 武蔵野S GIII ダ1600 良 16 8 15 9.2 4 2 56.0 三浦皇成 池江泰寿 522(+4) ** 1.36.7 0.1 35.7 4- 3 グロリアスノア

10/10/09 東京 ペルセウスS オープン ダ1400 稍 16 1 2 3.6 1 1 55.0 三浦皇成 池江泰寿 518(0) ** 1.23.4 -0.2 36.4 3- 3 タガノクリスエス

10/09/25 阪神 大阪スポ杯 1600万下 ダ1400 良 16 7 13 3.8 2 1 58.0 武豊 池江泰寿 518(-6) ** 1.23.2 -0.0 36.2 4- 3 エーシンクールディ

10/07/17 新潟 柳都S 1600万下 ダ1800 良 15 2 3 4.0 1 4 58.0 松岡正海 池江泰寿 524(0) ** 1.51.4 0.4 37.2 5- 4- 4- 4 タガノクリスエス

10/06/26 阪神 安芸S 1600万下 ダ1400 不 16 3 6 2.4 1 5 57.0 岩田康誠 池江泰寿 524(-6) ** 1.23.8 0.5 36.8 5- 5 ティアップワイルド

10/05/09 東京 オアシスS オープン ダ1600 良 16 2 3 2.9 1 3 55.0 岩田康誠 池江泰寿 530(+2) ** 1.35.5 0.2 36.0 3- 3 ダイショウジェット

10/01/16 京都 大和S オープン ダ1400 良 13 4 5 3.0 1 4 54.0 岩田康誠 池江泰寿 528(+4) ** 1.23.0 0.1 36.4 5- 6 オーロマイスター

09/12/19 阪神 ギャラクシー オープン ダ1400 良 16 8 16 3.4 1 2 54.0 岩田康誠 池江泰寿 524(+4) ** 1.23.6 0.4 36.9 6- 6 ケイアイテンジン

09/11/22 東京 霜月S オープン ダ1400 良 14 5 8 2.9 1 3 54.0 石橋脩 池江泰寿 520(-4) ** 1.23.8 0.3 35.4 10-10 ワンダーポデリオ

09/10/17 東京 秋嶺S 1600万下 ダ1600 良 16 5 10 8.8 6 1 55.0 石橋脩 池江泰寿 524(+8) ** 1.36.5 -0.6 36.2 3- 2 アンダーカウンター

09/09/21 阪神 西宮S 1600万下 芝1800 良 18 1 2 23.1 8 11 53.0 川田将雅 池江泰寿 516(-2) ** 1.46.4 1.6 36.1 7- 8 ナムラクレセント

09/08/16 新潟 天の川S 1600万下 芝2000 良 18 4 7 26.3 7 9 54.0 戸崎圭太 池江泰寿 518(-10) ** 2.00.1 0.9 33.4 12-11 ホーマンファラオ

09/05/09 京都 京都新聞杯 GII 芝2200 良 16 2 3 17.2 7 8 56.0 岩田康誠 池江泰寿 528(+10) ** 2.14.3 1.3 35.7 3- 3- 4- 4 ベストメンバー

09/02/15 京都 きさらぎ賞 GIII 芝1800 良 10 2 2 13.4 5 6 56.0 岩田康誠 池江泰寿 518(-12) ** 1.50.0 1.1 35.6 5- 6 リーチザクラウン

08/12/27 阪神 さざんかS オープン 芝1400 良 8 5 5 1.7 1 6 56.0 ペリエ 池江泰寿 530(+10) ** 1.23.7 0.9 36.7 4- 3 タイガーストーン

08/11/22 東京 東スポ2歳S GIII 芝1800 良 14 6 9 4.4 2 4 55.0 福永祐一 池江泰寿 520(-6) ** 1.48.1 0.4 33.4 12-11-11 ナカヤマフェスタ

08/10/25 東京 いちょうS オープン 芝1600 良 12 5 6 11.2 4 1 55.0 福永祐一 池江泰寿 526(+6) ** 1.35.0 -0.1 33.8 9-10 ケイアイライジン

08/09/06 新潟 2歳新馬 芝1600 良 13 4 4 1.7 1 1 54.0 福永祐一 池江泰寿 520(-) ** 1.38.1 -0.1 33.3 7- 7 ナスノロビン

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP