Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: Access denied for user 'darpan'@'localhost' (using password: NO) in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142

Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: A link to the server could not be established in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142
フェブラリーステークスってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

フェブラリーステークスってどんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

フェブラリーステークスってどんなレース?

フェブラリーステークスの基本情報

開催地 東京競馬場

施行時期 2月中旬 – 下旬

(原則1回東京8日目)

格付け GI

1着賞金 9400万円

賞金総額 1億7940万円

距離 ダート1600m

出走条件 サラブレッド系4歳以上(国際)(指定)

負担重量 定量(57kg、牝馬2kg減)

第1回施行日 1984年2月18日

フェブラリーステークスは東京競馬場のダート1600mで行われる中央競馬の重賞(GI)競走。競走の名のフェブラリーは英語の2月の意味「February」から。Februaryは2月という意味から2月中に競走の施行日が設定されることが多いが、曜日配列の都合で1月末に施行されたこともある。

正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞。

フェブラリーステークス 概要

東京競馬場のダート1600mの5歳(現4歳)以上のハンデキャップの混合の1400万下条件の競走フェブラリーハンデキャップとして施行したのが始まり。

1984年の中央競馬におけるダート重賞路線の整備に伴い5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走・フェブラリーハンデキャップとして新設、第1回は現在と同じく東京競馬場のダート1600mで施行され創設当初はGIIIの格付けだった。

1989年には混合競走に指定、1994年に競走としての格を再評価されてGIIに昇格、更に負担重量が別定に変更された為、現在のフェブラリーステークスに改名、翌年には指定交流競走に指定、地方所属の競走馬も出走可能になった。

1997年には前年から始まったアラブ首長国連邦のドバイにあるナド・アルシバ競馬場(2010年からはメイダン競馬場)で施行されるドバイワールドカップの日本国内の前哨戦と言う意味合いからダートGI競走の必要性が高まり、中央競馬のダート重賞競走で初めてGIに格付けされた。なお条件特別の競走がGIにまで昇格したのは稀有な例である。またGIに格付けされ負担重量も定量に変更された。更に同年の4月にはダートグレード競走の施行によりダートグレードのGIにも格付けされた。

中央競馬のその年における最初のGI競走(芝も含める)で、日本国内では川崎記念に次ぐ2番目に施行されるGI競走でもある。また中央競馬と地方競馬の最上位クラスの競走馬が例年多く出走する為、冬のダート最強馬を決める競走として位置付けられている。

本競走で優勝や上位入賞をした競走馬は3月末にアラブ首長国連邦のドバイのメイダン競馬場で開催されるドバイミーティングのドバイワールドカップやドバイゴールデンシャヒーン、ゴドルフィンマイルへ遠征する場合がある。

なお、東京競馬場のダート1600mのコースはスタート直後の100m弱を芝上で走る設定となっている。

フェブラリーステークス 出走資格

原則サラ系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(4頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)、出走枠は16頭まで。

登録馬のうち、レーティング順位の上位5頭に対しては優先出走が認められる。(2012年より。牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)

地方馬はJRAが別に定める出走馬選定基準により選定された競走馬に限り出走が可能である。(2009年より)

その他の競走馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

フェブラリーステークス 負担重量

定量で57kg、牝馬は2kg減の55kgである。

フェブラリーハンデキャップ時の第1回から第10回まではハンデキャップ、GIIに格上げされた第11回から第13回まではグレード別定、GIに格上げされた第14回より現行の斤量となっている。

フェブラリーステークス 賞金

回(施行年)    総額賞金   1着      2着     3着    4着    5着

第1回(1984年) 5,160万円 2,700万円 1,100万円 680万円 410万円 270万円

第2回(1985年)

第3回(1986年) 5,300万円 2,800万円 700万円 420万円 280万円

第4回(1987年) 5,700万円 3,000万円 1,200万円 750万円 450万円 300万円

第5回(1988年) 6,100万円 3,200万円 1,300万円 800万円 480万円 320万円

第6回(1989年) 6,500万円 3,400万円 1,400万円 850万円 510万円 340万円

第7回(1990年) 7,060万円 3,700万円 1,500万円 930万円 560万円 370万円

第8回(1991年) 7,600万円 4,000万円 1,600万円 1,000万円 600万円 400万円

第9回(1992年) 8,050万円 4,200万円 1,700万円 1,100万円 630万円 420万円

第10回(1993年)

第11回(1994年) 1億1,400万円 6,000万円 2,400万円 1,500万円 900万円 600万円

第12回(1995年) 1億2,200万円 6,400万円 2,600万円 1,600万円 960万円 640万円

第13回(1996年)

第14回(1997年) 1億5,200万円 8,000万円 3,200万円 2,000万円 1,200万円 800万円

第15回(1998年) 1億7,940万円 9,400万円 3,800万円 2,400万円 1,400万円 940万円

第16回(1999年)

第17回(2000年)

第18回(2001年)

第19回(2002年)

第20回(2003年)

第21回(2004年)

第22回(2005年)

第23回(2006年)

第24回(2007年)

第25回(2008年)

第26回(2009年)

第27回(2010年)

第28回(2011年)

第29回(2012年)

フェブラリーステークス 歴史 

1984年 – 東京競馬場のダート1600mの5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞(GIII)競走フェブラリーハンデキャップとして新設。当時は土曜日施行だった。

1989年 – 混合競走に指定。

1994年

GIIに昇格。

名称を現在のフェブラリーステークスに変更。

負担重量をグレード別定に変更。

1995年 – 指定交流競走に指定され、地方馬は5頭まで出走可能となる。

1997年

GIに昇格。

負担重量を定量に変更。

ダート競走格付け委員会にダートグレードのGIに格付け(適用は1998年から)。

日曜日に施行変更される。

1998年

岡部幸雄が騎手として史上初の連覇。

田中清隆が調教師として史上初の連覇。

1999年

メイセイオペラが地方所属馬としてJRAのGI競走初制覇。

菅原勲が地方競馬所属騎手として史上初の中央GI初制覇。

ミスタートウジンが平地GI競走としては史上最高齢となる13歳で出走(15着)。

2001年

馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。

オリビエ・ペリエが騎手として2人目の連覇。

2003年 – 東京競馬場の改修工事により中山競馬場のダート1800mで施行。

2007年

混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。

地方馬の出走枠が5頭から4頭に縮小。

2009年

この年より地方馬の出走資格はJRAが別に定める出走馬選定基準により選定された競走馬のみとなる。

サクセスブロッケンがコースレコード1:34.6で優勝。

2010年 – 第20回優勝馬ゴールドアリュールの仔エスポワールシチーが優勝、史上初の父仔制覇。

2012年 – 出走馬選定方法が変わり、レーティングで上位5頭に優先出走を認める。

フェブラリーステークス 歴代優勝馬

フェブラリーハンデキャップ(GIII)時代

回数      施行日    優勝馬   性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主

第1回 1984年2月18日 ロバリアアモン 牡5 1:40.1 吉永正人 松山吉三郎 管浦一

第2回 1985年2月16日 アンドレアモン 牡6 1:36.9 中島啓之 松山康久 (株)アモン

第3回 1986年2月15日 ハツノアモイ 牡5 1:36.7 大塚栄三郎 仲住芳雄 仲川初太郎

第4回 1987年2月21日 リキサンパワー 牡6 1:36.5 柴田政人 高松邦男 岩井三郎

高橋力造

第5回 1988年2月20日 ローマンプリンス 牡7 1:37.7 増沢末夫 佐藤征助 (有)ロング商事

第6回 1989年2月18日 ベルベットグローブ 牡6 1:37.2 郷原洋行 大久保房松 栗林英雄

第7回 1990年2月17日 カリブソング 牡4 1:36.7 柴田政人 加藤修甫 (株)荻伏牧場レーシングクラブ

第8回 1991年2月16日 ナリタハヤブサ 牡4 1:34.9 横山典弘 中尾謙太郎 山路秀則

第9回 1992年2月22日 ラシアンゴールド 牡4 1:35.4 蛯名正義 大久保洋吉 大原詔宏

第10回 1993年2月20日 メイショウホムラ 牡5 1:35.7 柴田政人 高橋成忠 松本好雄

フェブラリーステークス(GII)時代



回数      施行日      優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主

第11回 1994年2月19日 チアズアトム 牡5 1:37.8 本田優 星川薫 北村キヨ子

第12回 1995年2月18日 ライブリマウント 牡4 1:36.4 石橋守 柴田不二男 加藤哲郎

第13回 1996年2月17日 ホクトベガ 牝6 1:36.5 横山典弘 中野隆良 金森森商事(株)

フェブラリーステークス GI時代



回数      施行日    優勝馬      性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主

第14回 1997年2月16日 シンコウウインディ 牡4 1:36.0 岡部幸雄 田中清隆 安田修

第15回 1998年2月1日 グルメフロンティア 牡6 1:37.5 岡部幸雄 田中清隆 石井政義

第16回 1999年1月31日 メイセイオペラ 牡5 1:36.3 菅原勲 佐々木修一 (有)明正商事

第17回 2000年2月20日 ウイングアロー 牡5 1:35.6 O.ペリエ 工藤嘉見 池田實

第18回 2001年2月18日 ノボトゥルー 牡5 1:35.6 O.ペリエ 森秀行 (有)池ばた

第19回 2002年2月17日 アグネスデジタル 牡5 1:35.1 四位洋文 白井寿昭 渡辺孝男

第20回 2003年2月23日 ゴールドアリュール 牡4 1:50.9 武豊 池江泰郎 (有)社台レースホース

第21回 2004年2月22日 アドマイヤドン 牡5 1:36.8 安藤勝己 松田博資 近藤利一

第22回 2005年2月20日 メイショウボーラー 牡4 1:34.7 福永祐一 白井寿昭 松本好雄

第23回 2006年2月19日 カネヒキリ 牡4 1:34.9 武豊 角居勝彦 金子真人ホールディングス(株)

第24回 2007年2月18日 サンライズバッカス 牡5 1:34.8 安藤勝己 音無秀孝 松岡隆雄

第25回 2008年2月24日 ヴァーミリアン 牡6 1:35.3 武豊 石坂正 (有)サンデーレーシング

第26回 2009年2月22日 サクセスブロッケン 牡4 1:34.6 内田博幸 藤原英昭 高嶋哲

第27回 2010年2月21日 エスポワールシチー 牡5 1:34.9 佐藤哲三 安達昭夫 友駿ホースクラブ

第28回 2011年2月20日 トランセンド 牡5 1:36.4 藤田伸二 安田隆行 前田幸治

フェブラリーステークスの記録

レースレコード – 1:34.6(第26回優勝馬サクセスブロッケン)

2着との最大着差 – 5馬身(第2回優勝馬アンドレアモン)

最多勝騎手 – 3勝 柴田政人(第4、7、10回) 武豊(第20、23、25回)

最多勝調教師 – 2勝 田中清隆(第14、15回) 白井寿昭(第19、22回)

最多出走 – 6回 ノボトゥルー(第18~22、25回)

最高齢出走 – 13歳 ミスタートウジン(第16回)

フェブラリーステークス 父仔制覇

父馬名       優勝回  仔馬名       優勝回

ゴールドアリュール 第20回 エスポワールシチー 第27回

フェブラリーステークスと最優秀ダートホース

フェブラリーステークスは1997年にGIに昇格し2000年にジャパンカップダートが創設されるまでの間、JRA唯一のダートGIであったにもかかわらず1997年から1999年までの3年間、当競走を制した3頭の馬はいずれもJRA賞最優秀ダートホースに選出されなかった。なお、1999年までは地方馬にはJRA賞の受賞資格がなかった(2000年以降は可能になった)。

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP