Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: Access denied for user 'darpan'@'localhost' (using password: NO) in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142

Warning: mysql_get_server_info() [function.mysql-get-server-info]: A link to the server could not be established in /home/darpan/fellkanpo.com/public_html/wp-content/plugins/usc-e-shop/classes/usceshop.class.php on line 142
クイーンカップは、どんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

クイーンカップは、どんなレース? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

クイーンカップは、どんなレース?

クイーンカップの基本情報

開催地 東京競馬場

施行時期 2月上旬 – 中旬

(原則1回東京5日目)

格付け GIII

1着賞金 3400万円

賞金総額 6500万円

距離 芝1600m

出走条件 サラブレッド系3歳牝馬(国際)(特指)

負担重量 別定

第1回施行日 1966年4月10日

クイーンカップは、東京芝1600mで開催される重賞(GIII)競走。デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供しており、正式名称は「デイリー杯クイーンカップ」と表記している。

クイーンカップ 概要

1966年に関東地区の牝馬のクラシックへの登竜門として4歳(現3歳)牝馬限定の別定の重賞競走、クイーンカップとして創設、第1回は現在とは違い中山競馬場の芝1800mで施行された。

しかし1969年には施行場を東京競馬場に移したが、積雪の影響でダート1200mで施行、更に1970年も積雪の影響でダート1400mに変更、1971年には再び中山競馬場に施行場を戻し、現在の芝1600mに変更されたが、1975年は再び積雪の影響でダート1700mで施行された。

1981年からは施行場を現在の東京競馬場に戻し、1984年のグレード制施行によりGIIIに格付け、1994年からは混合競走に指定され、外国産馬の出走が可能に、1996年からは特別指定競走に指定され、地方所属の競走馬の出走が可能に、更には2009年からは国際競走に指定され、外国調教馬の出走が可能になった。

本競走から桜花賞のトライアルレースを経由、または直行で桜花賞に向かう傾向がある。しかし有力馬はトライアルレースに直行で向かう傾向があるため、第21回競走で4着入賞をしたメジロラモーヌを最後に桜花賞を制覇した出走馬はいない。

しかしながら、このレース勝ち馬でウメノファイバー・ダイワエルシエーロが優駿牝馬を制覇しており、その他の勝ち馬にも好走した出走馬は多数いることから、むしろ優駿牝馬を占うためのレースといえる。

クラシック以外のGI勝ち馬を含めれば、タカラスチール・ヒシアマゾン・コイウタ・リトルアマポーラといった馬が名を連ねている(グレード制導入後を対象)。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)のJRA所属の牝馬の競走馬、JRAに認定された地方所属の牝馬の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬の牝馬の競走馬(8頭まで)。

負担重量は馬齢重量54kgを基本とし、更に日本馬については収得賞金額が2,000万円以上の競走馬は1kg、外国調教馬については重賞競走優勝馬の競走馬は1kgの負担が課せられるよう定められている。

クイーンカップ 歴史

1966年 – 中山競馬場の芝1800mの4歳(現3歳)牝馬限定の別定の重賞競走、クイーンカップとして創設。

1969年

デイリースポーツ社より優勝杯を寄贈されることになり、正式名称をデイリー杯クイーンカップに変更。

施行場を東京競馬場に変更。

積雪の影響でダート1200mに変更。

1970年 – 積雪の影響で施行距離をダート1400mに変更。

1971年 – 施行場を中山競馬場の芝外回り1600mに変更。

1972年 – 流行性の馬インフルエンザの影響により4月に順延開催。

1974年 – 郷原洋行が騎手として史上初の連覇。

1975年 – 積雪の影響でダート1700mで施行。

1981年 – 施行場を東京競馬場に変更。

1982年 – 開催時期を1月末~2月初めに変更。

1984年 – グレード制施行によりGIIIに格付け。

1994年 – 混合競走に指定。

1996年 – 特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。

1998年 – 開催時期を2月中旬~下旬に変更。

2001年 – 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳牝馬」から「3歳牝馬」に変更。

2003年 – 東京競馬場の改修工事により、中山競馬場の芝外回り1600mで施行。

2005年 – 松田国英が調教師として史上初の連覇。

2006年 – 3歳クラシック以前の実績馬の選択肢を増やす目的で、負担重量の上限が55キロになるよう現行の規定に変更。

2007年 – 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。

2009年

混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。それに伴い、重賞格付け表記をGIIIに戻す。

外国調教馬の負担重量を現行の規定に設定。

2010年 – 11位入線の元地方ホッカイドウ所属のビービーエーディンが進路妨害により12着に降着。

2011年 – ダイヤモンドステークスの施行日変更に伴い、開催時期が1週繰り上がる。

クイーンカップ 歴代優勝馬

回数 施行日        優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師

第1回 1966年4月10日 メジロマジヨルカ 牝3 1:55.3 保田隆芳 八木沢勝美

第2回 1967年6月4日 イチコ 牝3 1:52.0 長田美生 内藤潔

第3回 1968年3月3日 ブラツクバトー 牝3 1:53.4 伊藤栄 中村広

第4回 1969年2月23日 セプターシロー 牝3 1:12.6 増沢末夫 鈴木勝太郎

第5回 1970年2月15日 タマミ 牝3 1:25.7 田村正光 坂本栄三郎

第6回 1971年2月21日 ヤマアズマ 牝3 1:37.8 徳吉一己 森末之助

第7回 1972年4月2日 タカイホーマ 牝3 1:36.6 大崎昭一 仲住達弥

第8回 1973年2月25日 キクノツバメ 牝3 1:38.8 郷原洋行 土田順三

第9回 1974年2月24日 レスターホース 牝3 1:38.2 郷原洋行 久保田金造

第10回 1975年2月23日 ヨネミノル 牝3 1:46.2 蛯沢誠治 成宮明光

第11回 1976年2月29日 テイタニヤ 牝3 1:41.4 嶋田功 稲葉幸夫

第12回 1977年2月27日 マサキビゼン 牝3 1:37.0 岡部幸雄 成宮明光

第13回 1978年2月26日 キクキミコ 牝3 1:36.9 安田富男 石毛善衛

第14回 1979年2月25日 シーバードパーク 牝3 1:36.9 小迫次男 本郷重彦

第15回 1980年2月24日 ポリートウショウ 牝3 1:36.0 蓑田早人 森末之助

第16回 1981年2月14日 カバリエリエース 牝3 1:36.0 岡部幸雄 佐藤勝美

第17回 1982年1月31日 ビクトリアクラウン 牝3 1:36.3 嶋田功 稲葉幸夫

第18回 1983年1月30日 ダスゲニー 牝3 1:36.6 大崎昭一 新関力

第19回 1984年1月29日 アイノフェザー 牝3 1:39.7 岡部幸雄 成宮明光

第20回 1985年1月27日 タカラスチール 牝3 1:36.1 佐藤吉勝 坂本栄三郎

第21回 1986年1月26日 スーパーショット 牝3 1:35.5 増沢末夫 森安弘昭

第22回 1987年2月1日 ナカミジュリアン 牝3 1:35.8 郷原洋行 八木沢勝美

第23回 1988年1月31日 サークルショウワ 牝3 1:35.8 安田富男 古賀末喜

第24回 1989年1月29日 カッティングエッジ 牝3 1:36.7 柴田政人 高橋英夫

第25回 1990年1月28日 スイートミトゥーナ 牝3 1:35.2 岡部幸雄 松山康久

第26回 1991年1月27日 スカーレットブーケ 牝3 1:35.4 武豊 伊藤雄二

第27回 1992年2月2日 サンエイサンキュー 牝3 1:36.0 東信二 佐藤勝美

第28回 1993年1月31日 マザートウショウ 牝3 1:35.1 横山典弘 奥平真治

第29回 1994年1月30日 ヒシアマゾン 牝3 1:35.3 中舘英二 中野隆良

第30回 1995年1月29日 エイシンバーリン 牝3 1:35.5 南井克巳 坂口正則

第31回 1996年1月28日 イブキパーシヴ 牝3 1:34.4 武豊 橋口弘次郎

第32回 1997年1月26日 オレンジピール 牝3 1:36.4 田中勝春 山内研二

第33回 1998年2月22日 エイダイクイン 牝3 1:35.2 菊沢隆徳 鈴木康弘

第34回 1999年2月21日 ウメノファイバー 牝3 1:36.6 蛯名正義 相沢郁

第35回 2000年2月19日 フューチャサンデー 牝3 1:36.1 横山典弘 伊藤正徳

第36回 2001年2月17日 サクセスストレイン 牝3 1:34.7 木幡初広 稲葉隆一

第37回 2002年2月16日 シャイニンルビー 牝3 1:34.6 岡部幸雄 藤沢和雄

第38回 2003年2月22日 チューニー 牝3 1:35.6 後藤浩輝 鈴木伸尋

第39回 2004年2月21日 ダイワエルシエーロ 牝3 1:34.3 福永祐一 松田国英

第40回 2005年2月19日 ライラプス 牝3 1:38.1 武豊 松田国英

第41回 2006年2月18日 コイウタ 牝3 1:35.6 C.ルメール 奥平雅士

第42回 2007年2月17日 イクスキューズ 牝3 1:34.5 北村宏司 藤沢和雄

第43回 2008年2月23日 リトルアマポーラ 牝3 1:35.5 武幸四郎 長浜博之

第44回 2009年2月21日 ディアジーナ 牝3 1:35.7 内田博幸 田村康仁

第45回 2010年2月20日 アプリコットフィズ 牝3 1:34.4 蛯名正義 小島太

第46回 2011年2月12日 ホエールキャプチャ 牝3 1:35.4 池添謙一 田中清隆

クイーンカップからの牝馬3冠競走優勝馬

2008年までは3歳牝馬で最初の重賞競走という事もあり16頭が、後に牝馬3冠競走のいずれかを制覇している。

回数 馬名 着順 優勝競走 備考

第3回 ルピナス 2着 第29回優駿牝馬

第4回 シャダイターキン 7着 第30回優駿牝馬

第5回 タマミ 1着 第30回桜花賞 第4回スプリンターズステークス優勝

第6回 カネヒムロ 12着 第32回優駿牝馬

第8回 ニットウチドリ 3着 第33回桜花賞

ナスノチグサ 7着 第34回優駿牝馬

第11回 テイタニヤ 1着 第36回桜花賞

第37回優駿牝馬

第13回 ファイブホープ 9着 第39回優駿牝馬

第16回 テンモン 3着 第42回優駿牝馬 第32回朝日杯3歳ステークス優勝

第41回桜花賞2着

第17回 ビクトリアクラウン 1着 第7回エリザベス女王杯

第18回 ダイナカール 5着 第44回優駿牝馬 エアグルーヴの母

第21回 メジロラモーヌ 4着 第46回桜花賞

第47回優駿牝馬

第11回エリザベス女王杯 史上初の牝馬3冠馬

第25回 キョウエイタップ 4着 第15回エリザベス女王杯

第29回 ヒシアマゾン 1着 第19回エリザベス女王杯

第34回 ウメノファイバー 1着 第60回優駿牝馬

第39回 ダイワエルシエーロ 1着 第65回優駿牝馬

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP