第19回 平安ステークスの過去10年のデータから見ると、大穴が馬券になる!? | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

第19回 平安ステークスの過去10年のデータから見ると、大穴が馬券になる!?

平安ステークスは、フェブラリーSのステップレースですが、なかなか、その年のフェブラリーSでは、馬券になってはいませんね。

馬券になったのは、2005年のヒシアトラスの3着だけです。ただ、2007年の平安ステークスで2着だったサンライズバッカスは、

次の年、フェブラリーSを勝っています。

平安ステークスの過去10年のデータを分析すると、

・6番人気以下の馬が馬券になっている!

なんと!ここ10年間、単勝1番人気の馬は、勝っていません!

勝ち馬は、2~9番人気の馬なんですね。

特に5番人気の馬が3割も勝っています。5番人気の馬は、3着以内率が5割もありますから、ここは狙い目ですね。

6~9番人気の馬も、4頭が勝っていますし、6番人気以下の馬が10頭も3着内になっています。

平安ステークスは、大穴狙いの方には、ぴったりのレースですね。

・単勝人気別成績(過去10年)

単勝人気      成績 勝率  連対率 3着内率

1番人気     0-3-2-5  0% 30.0% 50.0%

2番人気     1-1-1-7  10.0% 20.0% 30.0%

3番人気     1-3-1-5  10.0% 40.0% 50.0%

4番人気     1-0-1-8  10.0% 10.0% 20.0%

5番人気     3-0-2-5  30.0% 30.0% 50.0%

6~9番人気   4-2-2-32  10.0% 15.0% 20.0%

10番人気以下   0-1-1-62  0% 1.6% 3.1%

・内枠に穴馬が入ったら、狙い目!

馬番別の成績を見ると、内枠の馬の成績が良いですね。

馬番が1~3番と4~6番は、勝率10%以上です。

7番より外の馬番では勝率4%未満ですから、これは、歴然としています。

なにしろ2桁馬番で勝ったのは、2002年、2003年に連覇した、あのスマートボーイ(2002年15番、2003年12番)だけ

なんですよね。あ~懐かしい!!!!

馬番7~9番で勝ったのも2004年のタイムパラドックス(7番)だけです。

・馬番別成績(過去10年)

馬番   成績      勝率  連対率 3着内率

1~3番 4-2-1-22 13.8% 20.7% 24.1%

4~6番 3-2-3-21 10.3% 17.2% 27.6%

7~9番 1-2-2-25 3.3% 10.0% 16.7%

10~12番 1-3-1-25 3.3% 13.3% 16.7%

13~16番 1-1-3-31 2.8% 5.6% 13.9%

・最近の2走の着順が良い馬が、馬券になる!

最近の2走ともに1着の馬と前々走より前走の着順が上の馬が、勝率、連対率が、飛びぬけています。

最近の2走ともに1着で平安ステークスを勝った2頭(2006年タガノゲルニカ、2007年メイショウトウコン)は、

条件クラスを連勝してきた馬ですね。

・ここ最近2走の着順比較別成績(過去10年)

近2走の着順比較      成績      勝率  連対率 3着内率

前々走より前走の着順が上 7-5-2-57 9.9% 16.9% 19.7%

前々走と前走の着順が同じ 0-0-1-5 0% 0% 16.7%

前々走より前走の着順が下 1-3-6-54 1.6% 6.3% 15.6%

近2走ともに1着      2-2-1-8 15.4% 30.8% 38.5%

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP