高橋亮 | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

高橋亮

高橋 亮(たかはし りょう、1978年1月6日 – )は日本中央競馬会(JRA)の騎手。

父は元騎手・現調教師の高橋隆、母方の祖父は大久保石松(騎手、調教師)。

調教師の沖芳夫は義伯父にあたる。福永祐一などが同期の競馬学校花の12期生である。

福永祐一などが同期の競馬学校花の12期生である。

初騎乗は1996年3月2日、阪神競馬第1競走のツルマルミニーで16頭立ての9着だった。

1998年の中日新聞杯をツルマルガイセンで制して重賞初勝利。また、2000年にはダイタクリーヴァでスプリングステークスなどを制した。

1998年、1999年と年間50勝以上を挙げていたが、2000年以降は怪我などもあって不振。2005年以降は年間勝利数が一桁台に留まっている。

この頃を境にデビュー当時から所属していた、橋口弘次郎厩舎の馬に騎乗することがほとんど無くなり、現在では父である高橋隆厩舎管理馬への騎乗が中心となっている。

高橋亮 主な騎乗馬

ツルマルガイセン(1998年中日新聞杯、カブトヤマ記念)

コウエイロマン(1998年小倉3歳ステークス)

エガオヲミセテ(1998年阪神牝馬特別)

ダイタクリーヴァ(2000年シンザン記念、スプリングステークス)

テンシノキセキ(2002年小倉日経オープン)

キタサンチャンネル(2001年ニュージーランドトロフィー)

高橋亮 騎乗成績

日付競馬場・開催競走名馬名頭数人気着順

初騎乗1996年3月2日1回阪神3日1R4歳未勝利ツルマルミニー16頭119着

初勝利1996年3月24日1回中京8日8R5歳上500万円下ブレイヴリバー12頭71着

重賞初騎乗1996年9月1日3回小倉8日11R小倉3歳ステークスショウザンリキオー11頭118着

重賞初勝利1998年2月28日1回中京1日11R中日新聞杯ツルマルガイセン16頭31着

GI初騎乗1997年5月11日2回東京8日11RNHKマイルカップキタサンフドー18頭1611着

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP