重賞データ | 競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

2017年天皇賞・春を勝つのは1枠馬!?

2017年日曜京都のメイン重賞G1天皇賞春の一番人気馬は消える!?

サトノダイヤモンドとキタサンブラックのどちらが勝つのか大注目されています。
でも、実は天皇賞春の過去10年のデータを見てみると、1番人気馬が10連敗中なんですね!

過去10年の単勝1番人気馬成績は(0-0-1-9)。勝ち馬どころか連対馬もいません。
これってサトノダイヤモンドかキタサンブラックのどちらかがボロ負けする運命なのかも。

もっと具体的に、天皇賞春過去10年単勝1番人気馬の成績を見てみましょう。

2016年ゴールドアクター→単勝3.8倍12着
2015年キズナ→単勝3.3倍7着
2014年キズナ→単勝1.7倍4着
2013年ゴールドシップ→単勝1.3倍5着
2012年オルフェーヴル→単勝1.3倍11着
2011年トゥザグローリー→単勝3.1倍13着
2010年フォゲッタブル→単勝2.6倍6着
2009年アサクサキングス→単勝3.5倍9着
2008年アサクサキングス→単勝3.6倍3着
2007年アイポッパー→単勝3.8倍4着

こういう結果なんです。う~む、一番人気の馬券はどうするか、悩みどころです。


2017年日曜京都のメイン重賞G1天皇賞春の勝ち馬は、1枠馬!?

天皇賞春、過去10年の1枠馬の成績は(5-1-1-12)。なんとも凄いことになっています。
2年に一度は1枠から勝ち馬が出ているんです。

具体的にその馬たちを見てみましょう。

2016年キタサンブラック→単勝2番人気4.5倍
2015年ゴールドシップ→単勝2番人気4.6倍
2012年ビートブラック→単勝14番人気159.6倍
2011年ヒルノダムール→単勝7番人気16.9倍
2009年マイネルキッツ→単勝12番人気46.5倍

穴馬、来てますね~。
さて、1枠にどの馬が入るか!超楽しみです!!
天皇賞(春)


2017年 青葉賞予想!勝つのはダノンキングダム!?

2017/4/29(土) 東京11R 青葉賞は3歳オープン(2400m芝)のG2 です。
1着、2着の上位2頭に日本ダービーへの優先出走権が与えられます。

日本ダービーと同じコースの同じ距離ですからローテーション的には絶好です。
今、注目しているのはダノンキングダムです。

ダノンキングダムは東京2400で500万を勝ち上がり。左回りはここまで2戦2勝のサウスポーなんですね。
皐月賞は無視して日本ダービーだけを狙ってきています。
出走権利取りへの本気度は一番高いと思います。

前走のゆりかもめ賞(東京2400)の時計は2:26.1で過去の青葉賞の時計と比較すると十分勝ちきれます。
東京2400を経験しているのが強みですし、派手さはないが相当しぶとく脚を使います。約3ヶ月の休み明けになるが、かなり成長が見込めます。

3戦2勝でまだ底を見せていない不気味さとステイゴールド産駒ならではの自在性に期待です。
ここ10年の青葉賞父SS系X母父ノーザンD系の6番人気以下の好走馬を見ると、

13年1着 ヒラボクディープ  7番人気
12年2着 エタンダール   10番人気
   3着 ステラウインド  13番人気
11年1着 ウインバリアシオン 6番人気
08年2着 クリスタルウイング 7番人気

ちょうど、ダノンキングダムの当日人気あたりが馬券に絡んでいます。
トリコロールブルーもステイゴールド産駒、ステイゴールド産駒のワンツーフィニッシュもあるかもしれませんヨ!
青葉賞

2017年皐月賞の枠順が決定しました!スワーヴリチャードは1枠2番。 

2017年皐月賞の枠順が決定!ファンディーナは4枠8番、ウインブライトは8枠17番!

2017年皐月賞枠順

1枠1番 マイスタイル
1枠2番 スワーヴリチャード
2枠3番 コマノインパルス
2枠4番 カデナ
3枠5番 レイデオロ
3枠6番 アウトライアーズ
4枠7番 ペルシアンナイト
4枠8番 ファンディーナ
5枠9番 プラチナヴォイス
5枠10番 ダンビュライト
6枠11番 アルアイン
6枠12番 アメリカズカップ
7枠13番 サトノアレス
7枠14番 キングズラッシュ
7枠15番 アダムバローズ
8枠16番 クリンチャー
8枠17番 ウインブライト
8枠18番 トラスト

いよいよ2017年3冠初戦・皐月賞の枠順が決まりましたね。
69年ぶりの制覇を狙う牝馬ファンディーナは4枠8番です。

弥生賞優勝馬カデナは2枠4番、スプリングS優勝馬ウインブライトは8枠17番となりました。
共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャードは1枠2番。

この枠順が各馬のパフォーマンスに与える影響を探っていきます。
皐月賞

第77回桜花賞枠順ソウルスターリング7枠アドマイヤミヤビ7枠!穴馬は?

第77回桜花賞でソウルスターリングとアドマイヤミヤビが7枠に!枠7-7馬券か!?

ソウルスターリング7枠14番は絶好の枠でしょう。最内に入って蓋をされる可能性がなくなりました。
第77回桜花賞で7枠ですからねえ。

しかも、もう1頭の有力馬アドマイヤミヤビは7枠15番。
これはもう、仕組まれているとしか思えません。

第77回桜花賞で枠7-7馬券、十分ありますね!

第77回桜花賞枠順

1-1 ミスエルテ(牝3、川田将雅・池江泰寿)
1-2 ライジングリーズン(牝3、丸田恭介・奥村武)
2-3 サロニカ(牝3、浜中俊・角居勝彦)
2-4 ジューヌエコール(牝3、北村友一・安田隆行)
3-5 ベルカプリ(牝3、藤岡佑介・西浦勝一)
3-6 リスグラシュー(牝3、武豊・矢作芳人)
4-7 ショーウェイ(牝3、松若風馬・斉藤崇史)
4-8 カラクレナイ(牝3、田辺裕信・松下武士)
5-9 ゴールドケープ(牝3、丸山元気・荒川義之)
5-10 レーヌミノル(牝3、池添謙一・本田優)
6-11 アロンザモナ(牝3、幸英明・西浦勝一)
6-12 アエロリット(牝3、横山典弘・菊沢隆徳)
7-13 ヴゼットジョリー(牝3、福永祐一・中内田充正)
7-14 ソウルスターリング(牝3、C.ルメール・藤沢和雄)
7-15 アドマイヤミヤビ(牝3、M.デムーロ・友道康夫)
8-16 ミスパンテール(牝3、四位洋文・昆貢)
8-17 ディアドラ(牝3、岩田康誠・橋田満)
8-18 カワキタエンカ(牝3、和田竜二・浜田多実雄)

第77回桜花賞の穴馬はカラクレナイ!?

チューリップ賞組が注目されていますが、穴馬はフィリーズレビュー勝ちのカラクレナイです。
ハイペースの阪神内回りを4角で大外を回しながら上がり最速でぶち抜きました。

騎手が田辺騎手というのが非常に臭い。
田辺騎手がまたがった追切も桜花賞出走馬の中では、ピカ1。

田辺騎手は先週、中山にいましたから、カラクレナイの追切のためだけに栗東に行っていたんです。
このパターンは高松宮記念をセイウンコウセイで勝った幸騎手がやっていたのと同じです。

今年の桜花賞は前に行く馬をソウルスターリングや、アドマイヤミヤビが潰してくれるのは確定。
カラクレナイが直線勝負に徹すれば3着以内はマジ、あり得ます!

桜花賞

競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース

2017年桜花賞ソウルスターリングは馬券にならない!?

2017年桜花賞ソウルスターリング(オッズ1.7倍)が馬券圏外に!?

一番人気の馬が馬券に絡めない桜花賞

桜花賞は荒れるレースです。
過去5年間の桜花賞単勝人気別データを見ると、1番人気の成績は悪いのです。

2016年の桜花賞では単勝1.5倍のメジャーエンブレムが、2015年の桜花賞では単勝1.6倍のルージュバックが、馬券圏外に沈んでいます。
2014年の桜花賞では単勝1.2倍のハープスターがゴール前クビ差の際どさでレッドリヴェールを差し切りました。

過去5年の桜花賞では2〜5番人気の馬が9回馬券になっていますから、
1番人気のソウルスターリングではなく2〜5番人気の馬を軸馬に考えることも必要です。

血統的には阪神外回りマイル(桜花賞)はディープインパクト産駒有利!

阪神外回りマイル(桜花賞)はディープインパクト産駒が特得意としています。
過去5年桜花賞で8頭が馬券になっています。ソウルスターリングはフランケル(怪物ですが)ですから該当しません。

2017年桜花賞に出走するディープインパクト産駒はカワキタエンカとサロニカの2頭だけです。
カワキタエンカの想定オッズは200倍、サロニカも50倍以上の人気薄です。ヒモには入れておくべきですね。
但し懸念点もあります。ディープインパクト産駒で馬券に絡んだ時のオッズが7番人気以内だったことです。ある程度、実力の評価がされいるうまだったのです。

桜花賞で有利な脚質は差し、追込み馬!ソウルスターリングは不利!!

阪神外回りマイル(桜花賞)は差し、追込み馬が絶対有利です。
ここ5年間で桜花賞逃げ切ったのは2015年のレッツゴードンキだけです。展開もドスローではまりました。

1番枠〜5番枠に入るとソウルスターリングは馬券圏外!?

桜花賞では5枠より外の枠の成績が良いです。内枠はかなり不利。
過去10年の桜花賞でで1番枠〜5番枠に入った馬は連対無しで、3着も1番枠1回、3番枠1回しかありません。
枠順に大注目ですね!!

ソウルスターリングに良いデータ!?前走チューリップ賞組が馬券になる!

桜花賞では前走チューリップ賞組の成績が抜群です。
過去5年の桜花賞で11回馬券になっています。毎年2頭は馬券になる勘定です。

2017年桜花賞の前走がチューリップ賞組は、アロンザモナ、ソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシューの4頭です。
このうち2頭が馬券になります。もしソウルスターリングが飛ぶならば、2017年桜花賞は歴史に残る大波乱となりますね。

土日は雨が降り重馬場になりそうです。ソウルスターリングは重馬場走れるんでしょうか?
ソウルスターリング1.7倍の絶対的オッズの割には、確勝とは言えなさそうです。

桜花賞

競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース


ダービー卿CTの穴馬はダンツプリウス!キャンベルジュニアに勝つ!?

ダービー卿CT穴馬ダンツプリウスが優勝!?

69(昭和44)年にイギリスの第18代ダービー卿エドワード・ジョン・スタンリー伯爵がトロフィーが寄贈したのを記念して、
「ダービー卿チャレンジトロフィー」は始まりました、

中山競馬場で行われる1600mのハンデキャップ競争です。
安田記念のステップレースとして有名です。

過去5年を見てもダービー卿CTの優勝馬は錚々たるメンツ。
マジックタイム、モーリス、カレンブラックヒル、トウケイヘイロー、ガルボですからね。

このうちモーリスが2年前安田記念で優勝。
またダービー卿CTでは2着だったロゴタイプも昨年安田記念を勝ちました。

ダービー卿CTの1番人気馬の成績は【1.1.0.3】と良くありません。
2017年の出走予定馬の中で有力馬は、人気順でキャンベルジュニア、グランシルク、
ロイカバード、マイネルアウラート、ガリバルディと言ったところ。
もちろんこの中の2頭くらいは馬券に絡むでしょう。

問題は、そこに割って入る穴馬です。
今年その穴馬はダンツプリウスだと思っています。
この馬、前走の大阪城ステークスで最下位に負けていますが、ハンディキャップを軽くするための作戦ではないでしょうか?

しかも2014年夏の馬場改修により、中山1600m重賞でロベルトやキングマンボの血を引く馬が激走中。
モーリスやマジックタイムにはロベルトの血がが入っています。

ダンツプリウスは父がブライアンズタイムでロベルト系。
前走の大阪城ステークスは、ブライアンズタイムには全く向いていないレース展開でした。

中山1600mの冬場は芝を走っているのに土煙が上がる事も少なくありません。
スタミナに富んだパワータイプの血を持つ馬を狙うべきでしょう。
前々のポジションで決め手を生かすダンツプリウスに向いているのです。

ダービー卿CTをグレーターロンドンが回避します。これでまた楽になりますね。
しかも土曜日は雨予報。ダンツプリウスにはおあつらえ向きです。

ダンツプリウスが不得意なコースは1800とディープインパクト産駒が特異なキレが必要な馬場です。
中山のマイルはジュニアCやNZTで勝っています。

ダンツプリウスからワイド、三連複で勝負に行きます!

ダービー卿チャレンジトロフィー





キタサンブラック大阪杯G1でもまた内枠!?

キタサンブラック(大阪杯G1出走)の成績は8-2-3-1で賞金も10億突破!

キタサンブラックの馬体が5歳にしてますます進化していますね!
年度代表馬になった昨年の4歳馬時よりも肩とトモの筋肉の量が激増しています。さらなるパワーアップ中です。

大阪杯がG1になる前の産経大阪杯時代の優勝馬の成績を見ると、宝塚記念を好走している馬が多いです。
今まで4歳以上の中長距離G1の中で直線の短いコースは宝塚記念と有馬記念だけでしたがそこにこの大阪杯が加わりました。

キタサンブラックは宝塚記念と有馬記念で好走し続けていますから、当然、大阪杯G1でも最有力です。
阪神2000も問題がないでしょう。なにしろ昨年も58kgを背負って2着しています。

今回、大阪杯がG1に昇格したことで定量戦になったのは大きくプラスです。
もし昨年も斤量が57kgだったらキタサンブラックの逃げ切り圧勝だったと確信します。

大阪杯G1では余裕のある勝ち方で、春の天皇賞連覇や凱旋門勝利に向けて一気に上り詰めて欲しい。
キタサンブラックは、昔ずっと応援していたテイエムオペラオーの姿に重なります。

テイエムオペラオーと同じくキタサンブラックにもこれといった弱点がありません。
スピード、スタミナ、瞬発力、持続力、パワー、根性どれもバランス良くまとまっています。

大阪杯G1ではマルターズアポジーとロードヴァンドールの後に続く形で3番手か4番手での競馬になるでしょう。
武豊騎手の手綱で折り合いがついて、直線力強く抜け出す姿が浮かびます。

キタサンブラックを本命にするからには馬券は、点数を絞る必要があります。
ディープ産駒は全部消しで良いのではないかな。マカヒキ、アンビシャス、ステファノス、ディサイファ。
凄く来そうだけどディープ産駒にはこの馬場は合わないはず。全部切ってサトノクラウン との2頭軸で攻める予定。
競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース

【ドバイターフ】ヴィブロスは9番

ドバイターフ(G1 芝・1800m)ヴィブロスの馬番は9番!リアルスティール(牡5歳 栗東・矢作芳人厩舎)は出走回避

ドバイターフは第7レース 現地時間 19:30(日本時間 3月26日0:30)発走予定

ヴィブロスにはリアルスティールの分まで頑張ってもらいましょう!
できれば福永騎手に乗ってもらいたかったですね。

<馬番・馬名・性齢・負担重量(kg)・騎手>
1 リブチェスター 牡4 57kg W.ビュイック
2 ザラック 牡4 57kg C.スミヨン
3 エシェム 牡4 57kg G.ブノワ
4 デコレーテッドナイト 牡5 57kg A.アッゼニ
5 オパールティアラ 牝4 55kg O.マーフィー
6 ムタケイエフ せん6 57kg J.クローリー
7 モンディアリスト 牡7 57kg D.タドホープ
8 ベリースペシャル 牝5 55kg S.デソウサ
9 ヴィブロス 牝4 55kg J.モレイラ
10 デットコレクター せん4 57kg M.ロッド
11 クーガーマウンテン 牡6 57kg D.オブライエン
12 ドーヴィル 牡4 57kg R.ムーア
13 ロングアイランドサウンド 牡4 57kg S.ヘファナン
競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース

【ドバイシーマクラシック】サウンズオブアースは4番

ドバイシーマクラシック(G1 芝・2410m、2017年3月25日)の馬番が決定

ドバイシーマクラシックは第8レース 現地時間 20:05(日本時間 3月26日1:05)発走予定
発売開始時刻 日本時間 3月25日(土曜)19:30

サウンドオブアースかつ可能性ありますね!
ステイゴールドのように海外での覚醒がきっとあります!

<馬番・馬名・性齢・負担重量(kg)・騎手>
1 アーンショー 牡6 57kg M.バルザローナ
2 ジャックホブス 牡5 57kg W.ビュイック
3 ハイランドリール 牡5 57kg R.ムーア
4 サウンズオブアース 牡6 57kg C.ルメール
5 プライズマネー せん4 56.5kg A.デフリース
6 セブンスヘブン 牝4 54.5kg S.ヘファナン
7 ポストポンド 牡6 57kg A.アッゼニ
競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース

【ドバイワールドカップ】アポロケンタッキー1番ゴールドドリーム3番アウォーディー7番

ドバイワールドカップ(G1 ダート・2000m、2017年3月25日日(土))の枠順決定!

ドバイワールドカップは第9レースです。
発走は現地時間 20:45(日本時間 3月26日(日曜)1:45)発走予定です。

アロゲートは競馬史上最強クラスの怪物でしょう。
しかし競馬に絶対はありません。

香港でハイランドリールを負かしたサトノクラウン、ドバイでファンタスティックライトに勝ったステイゴールドの例もあります。
日本馬の底力に大いに期待しています!

<馬番・馬名・性齢・負担重量(kg)・騎手>
1 アポロケンタッキー 牡5 57kg C.ルメール
2 ロングリバー 牡7 57kg M.バルザローナ
3 ゴールドドリーム 牡4 57kg J.モレイラ
4 ラニ 牡4 57kg R.ムーア
5 ガンランナー 牡4 57kg F.ジェルー
6 ムーヴアップ 牡4 57kg A.デフリース
7 アウォーディー 牡7 57kg 武豊
8 フリアクルサーダ 牝5 55kg A.フレス
9 アロゲート 牡4 57kg M.スミス
10 キーンアイス 牡5 57kg J.カステリャーノ
11 ネオリシック 牡4 57kg J.ヴェラスケス
12 ホッパーチュニティ 牡6 57kg F.プラ
13 スペシャルファイター 牡6 57kg F.ハラ
14 ムブタヒージ 牡5 57kg C.スミヨン
競馬予想のレジまぐ
本日開催中のレース予想一覧

地方競馬のレジまぐ
本日開催中の地方競馬レース

競馬商材検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP