荻野琢真 | 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

荻野琢真

荻野 琢真(おぎの たくま、1988年7月28日 – )とは、中央競馬・栗東トレーニングセンターの大久保龍志厩舎に所属する騎手である。騎手免許は平地競走、障害競走の両方を所持(ただし障害競走の出走経験はない)。

荻野琢真プロフィール

兵庫県内の乗馬クラブで腕を磨き、2004年4月にJRA競馬学校騎手課程第23期生として入学。2007年2月に競馬学校を卒業し騎手免許を取得する。同期には浜中俊・藤岡康太・宮崎北斗・丸田恭介らがいる。卒業前の12月16日に中山競馬場で行われた模擬レースでは、丸田に次ぐ2着であった。

初騎乗は3月3日の中京競馬場1レースにおいてブライティアアーチに騎乗し、16頭立ての11着。1週間後の3月10日の中京3レースにおいて、コアレスリーヴァに騎乗し初勝利。初年度は11勝を挙げる。

初重賞勝ちはデビュー3年目の2009年1月18日の日経新春杯で、テイエムプリキュア騎乗によるもの。この時はハンデ49キロを活かした大逃げによる勝利であった。

荻野琢真 人物

座右の銘は「和して同ぜず」。目標とする騎手は松永幹夫。夢は凱旋門賞の制覇。特技はコサック・ダンスとスプーン曲げ。

初重賞勝利となった日経新春杯では、阪神ジュベナイルフィリーズ以後3年以上勝てず今レース限りでの引退を表明していたテイエムプリキュアの有終の美を飾り、後に引退が撤回されたことで、一躍「時の人」となった。

鞍上に荻野が起用された理由としては、当日のハンデが49キロと超軽量だったことや、馬主が無名騎手の起用で実績のある竹園正繼であったことなどである。なお荻野はこのレースの数日前に丹波市の成人式に出席したばかりであった。

テイエムプリキュア引退の際には、自身のブログで最も影響を受けた馬として感謝の言葉を多数並べた。

荻野琢真 主な騎乗馬

テイエムプリキュア(2009年日経新春杯)

荻野琢真 騎乗成績

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順

初騎乗 2007年3月3日 1回中京1日1R 3歳未勝利 ブライティアアーチ 16頭 10 11着

初勝利 2007年3月10日 1回中京3日2R 3歳未勝利 コアレスリーヴァ 16頭 3 1着

重賞初騎乗 2007年6月17日 3回阪神2日11R マーメイドステークス ミスベロニカ 12頭 4 6着

重賞初勝利 2009年1月18日 1回京都6日11R 日経新春杯 テイエムプリキュア 16頭 11 1着

GI初騎乗 2009年5月3日 3回京都4日10R 天皇賞(春) テイエムプリキュア 18頭 14 18着

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率

2007年 11 14 12 255 .043 .098 .145

2008年 17 8 21 383 .044 .065 .120

2009年 19 11 20 426 .045 .070 .117

2010年 14 29 12 299 .047 .144 .184

中央 61 62 65 1363 .045 .090 .138

地方 2 0 1 7 .286 .286 .429

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師)

競馬予想メルマガ検証!競馬投資の極意とは?(競馬の錬金術師) TOP